インターリンクの「グループ専用VPNサーバー+NGN」は、テレワーク環境で働いている複数のメンバー同士が同一のネットワーク(グループLAN)を共有できるVPNサービスである。

「グループ専用VPNサーバー+NGN」の概要
(出所:インターリンク)
[画像のクリックで拡大表示]

 システムの構成要素として、NTTフレッツ回線のNGNとインターネットの両方に接続したVPNサーバーを提供する。ユーザーは、VPNクライアントソフトをインストールした端末からインターネット接続回線を介して、VPNサーバーに接続する。

 VPNクライアントをPCにインストールしたテレワークユーザー同士で、VPNセグメントを共有する、という使い方に特化したサービスである。VPNサーバーに接続したメンバー同士は、社内LANのように同一のネットワークに所属できる。

 VPNサーバー上では、VPNソフトとしてオープンソースのWireGuardを動作させている。Linuxのカーネルに組み込まれているVPN機能であり、WindowsやMacなどでもVPNクライアントソフトをインストールすれば利用できる。

 VPNサーバーへの接続経路として、NTTフレッツ回線のNGNとインターネットの両方が使える。NGN網は、サービス開始当初、NTT東日本のNGN網を利用できる。NTT西日本のNGN網は、2021年度内に使えるようになる。

 インターネット接続回線にNGNを利用しているユーザーは、プロバイダ(インターネット接続事業者)のネットワークを経由せずにVPNサーバーに直接接続できる。NGNを使っていないユーザーは、インターネットを介して接続する(接続先となるVPNサーバーは、IPv4の固定IPアドレスを持っている)。

 より高いセキュリティが必要な場合は、コントロールパネルの設定で、インターネット(IPv4)からのアクセスを禁止できる。この場合、NGN網からのみアクセスできる。アクセス先となるサーバーをNGN内に設置すれば、不正なアクセスを受けにくくなる。

グループ専用VPNサーバー+NGNの概要
用途と機能テレワーク環境で働いている複数のメンバー同士が同一のネットワーク(グループLAN)を共有できるVPNサービス。VPNクライアントをPCにインストールしたテレワークユーザー同士で、VPNセグメントを共有する。VPNサーバーに接続したメンバー同士は、社内LANのように同一のネットワークに所属できる
システムの構成要素NTTフレッツ回線のNGNとインターネットの両方に接続したVPNサーバーを提供する
使い方VPNクライアントソフトをインストールした端末からインターネット接続回線を介して、VPNサーバーに接続する
利用しているVPNソフトVPNサーバー上では、VPNソフトとしてオープンソースのWireGuardを動作させている。Linuxのカーネルに組み込まれているVPN機能であり、WindowsやMacなどでもVPNクライアントソフトをインストールすれば利用できる
VPNサーバーへの接続経路NTTフレッツ回線のNGNとインターネットの両方が使える。NGN網は、サービス開始当初、NTT東日本のNGN網を利用できる。NTT西日本のNGN網は、2021年度内に使えるようになる
NGNで接続するメリットインターネット接続回線にNGNを利用しているユーザーは、プロバイダ(インターネット接続事業者)のネットワークを経由せずにVPNサーバーに直接接続できる
NGN以外からの接続方法インターネットを介して接続する。接続先となるVPNサーバーは、IPv4の固定IPアドレスを持っている
アクセス制御コントロールパネルの設定で、インターネット(IPv4)からのアクセスを禁止できる。この場合、NGN網からのみアクセスできるようにできる
価格(税別)月額8800円
発表日2021年4月20日
提供開始日2021年4月20日