AI insideの「Learning Center」は、画像を認識して判定するAIモデルをノーコードで開発できるクラウドサービスである。AIやプログラミングの知識は不要で、簡単な入力とマウスクリックだけで簡単にAIモデルを開発して運用できる。ベンダーや開発者に依頼することなく、業務部門のエンドユーザーみずからAIモデルを開発できる。

業務部門のエンドユーザーみずから、簡単な入力とマウス操作だけで、AI判定モデルを開発できる
(出所:AI inside)
[画像のクリックで拡大表示]

 学習用のデータを用意してクラウドにアップロードし、認識したい対象をマウスで指定するだけで、AIモデルを開発できる。認識する対象のカテゴリ(作業者、ハンドカートなど)を登録し、認識させたい箇所をマウスで囲って指定してタグ付けすることで、教師データを作成できる。この後、データを学習してAIモデルを作成する。作成したAIモデルの精度の評価もできる。

 AI判定モデルの作成に加えて、作成したAI判定モデルを実際に使って画像を判定する推論アプリケーションをクラウド上で開発して実行できる。さらに、クラウド上で開発した推論アプリケーション以外にも、外部アプリケーションからLearning CenterのWeb APIを介してAI判定モデルを利用できる。

 想定しているLearning Centerの活用シーンは、以下の通り。

  • 独自フォーマット帳票から文字を読み取り(非定形帳票 AI-OCR)
  • 外観検査(設備のメンテナンスなど)
  • 品質管理(検品・不良箇所の検知など)
  • 安全管理(異常検知など)
  • 医療における画像診断補助

 AI insideでは、作成したAIモデルを他のユーザーとシェアしたり、作成したAIモデルを外販したりするためのマーケットプレイスの提供を予定している。既成のAIモデルを入手して活用することにより、開発リソースやコストを抑えられる。一方、AIモデルを出品したユーザーは、販売による収益を得られる。

Learning Centerの概要
用途と機能画像を認識して判定するAIモデルをノーコードで開発できるクラウドサービス
特徴AIやプログラミングの知識は不要で、簡単な入力とマウスクリックだけで簡単にAIモデルを開発して運用できる。ベンダーや開発者に依頼することなく、業務部門のエンドユーザーみずからAIモデルを開発できる
使い方・学習用のデータを用意してクラウドにアップロードし、認識したい対象をマウスで指定するだけで、AIモデルを開発できる
・認識する対象のカテゴリ(作業者、ハンドカートなど)を登録し、認識させたい箇所をマウスで囲って指定してタグ付けすることで、教師データを作成できる
・この後、データを学習してAIモデルを作成する。作成したAIモデルの精度の評価もできる
推論アプリケーションの開発機能AI判定モデルの作成に加えて、作成したAI判定モデルを実際に使って画像を判定する推論アプリケーションをクラウド上で開発して実行できる
外部アプリケーション連携クラウド上で開発した推論アプリケーション以外にも、外部アプリケーションからLearning CenterのWeb APIを介してAI判定モデルを利用できる
Learning Centerの活用例・独自フォーマット帳票から文字を読み取り(非定形帳票 AI-OCR)
・外観検査(設備のメンテナンスなど)
・品質管理(検品・不良箇所の検知など)
・安全管理(異常検知など)
・医療における画像診断補助
価格(税別)・アカウントの発行から学習データの作成までは無料
・AIモデルを生成するための学習は、学習させた月だけ月額10万円
・開発したAIモデルを使って実際にデータを判定する推論は、推論させた月だけ月額3万円
発表日2021年4月21日
提供開始日2021年4月21日