TransRecogの「AxelaNote(アクセラノート)」は、PDFの上に透明なレイヤーを重ねてメモなどを書き込めるソフトである。PDF閲覧ソフト「Acrobat Reader」と組み合わせて使う。Acrobat Readerで開いたPDFファイルのイメージの上にAxelaNoteの画面をかぶせて、あたかもPDFファイルの上に書いているかのようにイメージを編集できる。

「AxelaNote(アクセラノート)」の仕組み。Acrobat Readerで開いたPDFファイルのイメージの上にAxelaNoteの画面をかぶせ、PDFに変更を加えることなくPDFの上に手書きメモなどを書きこめるようにした
(出所:TransRecog)
[画像のクリックで拡大表示]

 Acrobat Readerで開いた編集元のPDFファイルには一切変更を加えることなく利用できる。PDFの上に重ねて書き込んだ情報は、専用のファイル形式「axlファイル」として保存する。保存済みのaxlファイルを開くと、編集元のPDFファイルを読み込んで編集を継続できる。書き込んだ情報を含めたPDFイメージを新規のPDFファイルとして出力することも可能だ。

 元のPDFファイルに対する修正を指示する、といった用途に利用できる。よく使う修正指示などの語句を登録しておくと、メニューから選ぶだけで該当の語句を記入できる。書き込んだ要素(オブジェクト)を画面上で整列させる機能や、オブジェクトの位置をカーソルキーで移動させる機能も備える。

 指示の内容を確認しやすくする機能として、書き込んだテキストの一覧を、書き込んだ位置情報とともにCSV(コンマ区切り形式)で出力する機能も持つ。また、書き込む対象のPDFを入れ替えて表示できる。修正前原稿へのコメントを修正後原稿に重ねて合わせ、修正を反映しているかどうかを確認する使い方ができる。

 紙をやり取りできないテレワークの勤務形態を想定した機能として、ハンコの印影をスタンプする機能も備える。認印と日付印を押印できる。

AxelaNoteの概要
用途と機能PDFの上に透明なレイヤーを重ねて手書きメモなどを書き込めるソフト。PDF閲覧ソフト「Acrobat Reader」と組み合わせて使う。Acrobat Readerで開いたPDFファイルのイメージの上にAxelaNoteの画面をかぶせて、あたかもPDFファイルに上書きしているかのようにPDFのイメージを編集できる
仕組みPDFにレイヤーを重ねて表示する。編集元のPDFファイルには一切変更を加えることなく利用できる。PDFの上に重ねて書き込んだ情報は、専用のファイル形式「axlファイル」として保存する。保存済みのaxlファイルを開くと、編集元のPDFファイルを読み込んで編集を継続できる。書き込んだ情報を含めたPDFイメージを新規のPDFファイルとして出力することも可能
語句の登録よく使う修正指示などの語句を登録しておくと、メニューから選ぶだけで該当の語句を記入できる
語句の移動書き込んだ要素(オブジェクト)を画面上で整列させる機能や、オブジェクトの位置をカーソルキーで移動させる機能を備える
PDFの入れ替え編集対象のPDFを入れ替えて表示できる。修正前原稿へのコメントを修正後原稿に重ねて合わせ、修正を反映しているかどうかを確認する使い方ができる
テレワーク向け機能紙をやり取りできないテレワークの勤務形態を想定した機能として、ハンコの印影をスタンプする機能も備える。認印と日付印を押印できる
価格(税別)■ユーザーライセンスは月額390円または年額3900円
■デバイスライセンスは年額5400円(最小契約数は5ライセンス、法人契約のみ)
発表日2020年4月8日(スタンプ機能や定型語句機能、CSV出力機能など)
提供開始日2020年4月8日(スタンプ機能や定型語句機能、CSV出力機能など)