C-RISEの「クラウドBOT」は、エンドユーザーのWebブラウザー操作を基にソフトロボ(ロボット)を作成して、クラウド上で自動実行できるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)サービスである。Webブラウザー上の操作を記録する仕組みを採用しており、Web APIを用意していないWebシステムも自動で操作できる。

「クラウドBOT」の画面イメージ
(出所:C-RISE)
[画像のクリックで拡大表示]

 ロボットの作成に開発ツールは不要だ。パソコンやスマートフォンのWebブラウザーがあれば、オンライン上でロボットを作成できる。作成したロボットはクラウド上で実行するので、別途実行環境を用意する必要がない。

 用途に合わせて、無料プランと3つの有料プランを用意している。有料プランは複数のロボットを並列で実行できるほか、時刻や曜日などの条件を指定してロボットをスケジュール実行できる。並列実行可能数は、プランによって異なる。

 今後、自動操作ロボットのラインアップを拡充する。「ブラウザ操作BOT」のほかに、2020年中に「アプリケーションBOT」(Web API操作)と「BOTをつなぐBOT」(アプリケーションBOTやブラウザ操作BOTなど複数のボットをつなぎあわせたボット)を提供する予定。

クラウドBOTの概要
用途と機能エンドユーザーのWebブラウザー操作を基にソフトロボを作成して、クラウド上で自動実行できるRPAサービス
ロボットの仕組みWebブラウザーの操作を記録する仕組み。Web APIを用意していないWebシステムも自動で操作できる
開発環境ロボットの作成に開発ツールは不要。パソコンやスマートフォンのWebブラウザーがあれば、オンライン上でロボットを作成できる
実行環境作成したロボットはクラウド上で実行する。別途実行環境を用意する必要がない
プランフリーシングルオフィスマルチオフィスシステムリンケージ
価格(税別)無料月額3000円月額6000円月額4万8000円
ボット実行可能時間30分/月6時間/月15時間/月160時間/月
データストレージ1Gバイト10Gバイト30Gバイト100Gバイト
ボットの並列実行数-310100
スケジュール実行-
Web APIの実行
発表日2020年4月13日
提供開始日2020年4月13日