カゴヤ・ジャパンの「SX-Aurora TSUBASAクラウド」は、NECのベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」を、カゴヤ・ジャパンのデータセンターで運用できるサービスである。ホスティングサービスとハウジングサービスを提供する。

「SX-Aurora TSUBASA」のベクトルエンジンの外観
(出所:カゴヤ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホスティングサービスでは、カゴヤ・ジャパンが所有するSX-Aurora TSUBASAを、IaaS型クラウドサービスとして利用できる。ハウジングサービスでは、ユーザーが所有するSX-Aurora TSUBASAを、カゴヤ・ジャパンのデータセンターに配置して運用できる。

 ホスティングサービスは、利用するスーパーコンピュータのスペックに応じて、「エントリーモデル」と「ミドルレンジモデル」の2種類のモデルを用意している。

 エントリーモデルは、ベクトル計算の中核ハードウエアとして、ベクトルエンジン「Type 10CE」を1基搭載となる。性能は倍精度演算性能2.15TFLOPS、単精度演算性能4.3TFLOPS、メモリー帯域1Tバイト/秒、メモリー容量24Gバイトである。

 一方、ミドルレンジモデルはベクトルエンジン「Type 10BE」を2基搭載している。性能は倍精度演算性能8.65TFLOPS、単精度演算性能17.3TFLOPS、メモリー帯域5.4Tバイト/秒、メモリー容量192Gバイトである。

 なお、SX-Aurora TSUBASAは、NECのベクトル型スーパーコンピュータ「SXシリーズ」の現行機種である。特徴は、アプリケーション演算処理を担う「ベクトルエンジン」と、主にOS処理を担う「ベクトルホスト」で構成するアーキテクチャーを採用したこと。ベクトルエンジンはPCI Express接続型の拡張カードの形状で、ベクトルプロセッサーとメモリーを搭載している。ベクトルホストはx86/Linux環境である。

SX-Aurora TSUBASAクラウドの概要
用途と機能NECのベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」を、カゴヤ・ジャパンのデータセンターで運用できるサービス
サービスの提供形態■ホスティングサービス
カゴヤ・ジャパンが所有するSX-Aurora TSUBASAを、IaaS型クラウドサービスとして利用できる
■ハウジングサービス
ユーザーが所有するSX-Aurora TSUBASAを、カゴヤ・ジャパンのデータセンターに配置して運用できる
SX-Aurora TSUBASAの特徴アプリケーション演算処理を担う「ベクトルエンジン」と、主にOS処理を担う「ベクトルホスト」で構成するアーキテクチャーを採用したこと。ベクトルエンジンはPCI Express接続型の拡張カードの形状で、ベクトルプロセッサーとメモリーを搭載している
ホスティングサービスのモデルエントリーモデルミドルレンジモデル
搭載するベクトルエンジンType 10CE×1基Type 10BE×2基
倍精度演算性能2.15TFLOPS8.65TFLOPS
単精度演算性能4.3TFLOPS17.3TFLOPS
メモリー帯域1Tバイト/秒5.4Tバイト/秒
メモリー容量24Gバイト192Gバイト
価格(10%消費税込み)初期費用が11万円、月額費用が8万8000円初期費用が13万2000円、月額費用が29万7000円
発表日2021年4月26日
提供開始日2021年4月26日