N-Technologiesの「atena(アテナ)」は、会社に届いた郵便物をクラウド上で閲覧/破棄/転送可能にするサービスである。ユーザーに代わって郵便物を受け取り、郵便物の中身をスキャンして電子化する。

郵便クラウド受取サービス「atena」の画面。郵便物の内容をスキャンして電子化し、それをクラウド上で閲覧できる
(出所:N-Technologies)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザーは、テレワーク中の自宅などから、会社に届いた郵便物の内容を確認できる。不要な郵便物の廃棄、別の住所への転送も可能だ。具体的な流れは、

 (1)郵便物の回収。サービススタッフが会社のオフィスに出向いて郵便物を回収する方法と、郵便物の送り先としてサービスが指定する住所を指定する方法がある。

 (2)郵便物の到着通知。郵便物の外見を撮影してシステムに登録し、その旨をメールまたはチャットツールでユーザーに通知する。

 (3)郵便物に対するアクションの選択。atenaの画面から「郵便物を開封してデータ化」「発送」「破棄」といったアクションを指定する。

atena(アテナ)の概要
用途と機能会社に届く郵便物をクラウド上で閲覧、破棄、転送できるサービス。ユーザーに代わって郵便物を受け取り、郵便物の中身をスキャンして電子化する
郵便物の回収方法サービススタッフが会社のオフィスに出向いて郵便物を回収する方法と、郵便物の送り先としてサービスが指定する住所を指定する方法がある
閲覧以外の機能要らない郵便物の廃棄や、別の住所への転送
価格(税別)月100通までで月額1万円、月101通~300通で月額3万円。いずれの場合も、開封と内容物のスキャンは1通あたり200円。転送は月に4回まで可能で、転送費用が別途必要。月301通以上の場合は個別見積もり
支払い方法月300通以下の場合はクレジットカード。301通以上の場合はクレジットカードまたは請求書払い
発表日2020年5月11日(サービス提供開始)
2021年5月6日(サービス拠点の拡大)
提供開始日2020年5月11日(サービス提供開始)
2021年5月6日(サービス拠点の拡大)