NECソリューションイノベータの「業務代行RPAロボット派遣サービス」は、ユーザーの業務に合わせてRPA(ロボティックプロセスオートメーション)のソフトウエアロボットをカスタマイズし、これを月額制で提供するサービスである。

「業務代行RPAロボット派遣サービス」の導入フロー
(出所:NECソリューションイノベータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 カスタマイズのベースとなる8種類のロボットをあらかじめ用意している。Excelへの画面入力やデータ振り分け、メール送信、特定の言葉を使ったWeb検索など、自動化のニーズが高い業務を8パターンに分けてロボット化している。

  • データ画面入力ロボ
  • データ振り分けロボ
  • ファイル振り分けロボ
  • データ集約ロボ
  • 受信メール情報集約ロボ
  • メール送信ロボ
  • ファイルダウンロードロボ
  • Webクローリングロボ

 サービスの特徴は、RPAの活用で必要な要素を一式まとめて提供すること。ロボットの開発、RPAソフトの利用ライセンス、導入後のサポートサービスなどを一括で提供する。ライセンスやSIサービスを個別に購入するよりもコストを抑えられる。

 契約は1年単位で、月額制で提供する。初期費用として、業務のヒアリングやロボットのカスタマイズ費用が必要になる。

業務代行RPAロボット派遣サービスの概要
用途と機能ユーザーの業務に合わせてRPAのソフトウエアロボットをカスタマイズし、これを月額制で提供するサービス
カスタマイズのベースとなるロボット ・データ画面入力ロボ
・データ振り分けロボ
・ファイル振り分けロボ
・データ集約ロボ
・受信メール情報集約ロボ
・メール送信ロボ
・ファイルダウンロードロボ
・Webクローリングロボ
サービスの特徴ロボットの開発、RPAソフトの利用ライセンス、導入後のサポートサービスなど、RPAの活用で必要な要素を一式まとめて提供する
価格(税別)■ロボットの運用費
月額12万円から(契約は1年単位)
■初期導入費用
40万円から(業務の詳細をヒアリングする作業が、1業務あたり20万円。選定したロボットをユーザーに合わせてチューニングする作業費用が、1ロボットあたり20万円から)
発表日2020年5月11日
提供開始日2020年5月11日