米mxHeroの「Mail2Cloud」は、送信するメールの添付ファイルをダウンロード用URLに自動変換するクラウドサービスである。ダウンロードURLを無効にすることで誤送信に対策できるほか、ダウンロード元であるクラウドストレージのセキュリティ機能(ウイルス対策、ユーザー認証)によってファイルを安全に受け渡せる。国内ではマクニカネットワークスなどが販売する。

Mail2Cloudの概要
Mail2Cloudの概要
(出所:マクニカネットワークス)
[画像のクリックで拡大表示]

 Mail2Cloudは、メール中継(SMTP)サーバーとして機能する。メールから添付ファイルを取り出し、外部のクラウドストレージに格納する。こうして、ダウンロードURLを記載したメールを宛先(受信者)に配信する。

 Mail2Cloudを利用できるメール環境は、Office 365とGmailのいずれか。システム管理者が、自社のOffice 365/Gmail環境から送信したメールをMail2Cloud経由で配信するように設定して利用する。

 販売代理店のマクニカネットワークスは、Mail2Cloudと組み合わせて使えるクラウドストレージサービスとして「Box」を販売しており、Mail2CloudとBoxの組み合わせを提案している。誰でもダウンロード可能なURLを発行できるほか、Boxにログインしないとファイルを入手できない運用もできる。ダウンロードURLの有効期限も設定できる。

Mail2Cloudの概要
用途と機能送信するメールの添付ファイルをダウンロード用URLに自動変換するクラウドサービス
メリットダウンロードURLを無効にすることで誤送信に対策できる。ダウンロード元であるクラウドストレージのセキュリティ機能(ウイルス対策、ユーザー認証)によって、ファイルを安全に受け渡せる
アーキテクチャーメール中継(SMTP)サーバーとして機能する。メールから添付ファイルを取り出し、外部のクラウドストレージに格納する。こうして、ダウンロードURLを記載したメールを宛先(受信者)に配信する
使い方Mail2Cloudを利用できるメール環境は、Office 365とGmailのいずれか。システム管理者が、自社のOffice 365/Gmail環境から送信したメールをMail2Cloud経由で配信するように設定して利用する
クラウドストレージ販売代理店のマクニカネットワークスは、Mail2Cloudと組み合わせて使えるクラウドストレージサービスとして「Box」を販売しており、Mail2CloudとBoxの組み合わせを提案している。誰でもダウンロード可能なURLを発行できるほか、Boxにログインしないとファイルを入手できない運用もできる。ダウンロードURLの有効期限も設定できる
価格(税別)個別見積り
発表日2021年5月20日
提供開始日2021年5月24日
備考発表日/提供開始日と価格は、販売代理店であるマクニカネットワークスのもの