リモートデスクトップサービス(RDS)とは:会社のWindowsパソコンを自宅から操作

 NTTテクノクロスの「MagicConnect」は、リモートデスクトップサービスである。専用アプリケーションを動作させた端末から、専用アプリケーションを動作させた社内のWindowsパソコンをリモート操作できる。テレワークや遠隔サポートなどの用途に使える。

MagicConnectの利用イメージ
MagicConnectの利用イメージ
(出所:NTTテクノクロス)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

 手元の端末にオフィスのWindowsパソコンのデスクトップ画面を呼び出して操作できる。外出先、自宅、国外にいても、インターネットにつながった端末(パソコンやタブレット、スマートフォン)を利用して、オフィスにいるのと同じように業務を行える。

 セキュリティに留意している。ID/パスワード認証だけでなく、ハードウエア固有情報や電子証明書などを使って操作端末を認証できる。情報漏えいを防ぐため、ファイル転送を禁止できる。

提供形態

 ソフトとクラウドサービス。操作される側では、専用のクライアントプログラムを動作させる。操作する側では、専用のUSBキーに格納したプログラムを起動するか、専用のクライアントプログラムを動作させる。

仕組み

 操作する側の端末と操作される側のWindowsパソコンの間の通信を、クラウドサービスがゲートウエイとなって仲介する。

主な機能

Windowsパソコンのリモート操作

 在宅パソコンやタブレット/スマートフォンなどからオフィスのWindowsパソコンの画面を操作できる。パソコンの使い方を教えるITサポート用途にも利用できる。

管理機能

 オフィス外からMagicConnectでアクセスしている時間を、ユーザーごとに1日単位で表示し、ユーザー本人と管理者が閲覧できる。アクセス時間の把握やテレワーク時の勤怠管理に活用できる。

管理機能(アクセス履歴)の利用イメージ
管理機能(アクセス履歴)の利用イメージ
(出所:NTTテクノクロス)
[画像のクリックで拡大表示]

稼働環境

 操作される側(会社のPC)で動作する「クライアントプログラム」の稼働OSは、Windows/Windows Server。

 操作する側(自宅や外出先に持ち歩くPC)で動作する「ビューアプログラム」は、専用のUSBキーに格納したプログラムと、専用のクライアントプログラムから選べる。専用のクライアントプログラムの稼働OSは、Windows、Mac、iPhone/iPad、Android。

価格・料金(税別)

 1アカウント当たり初期費用5000円から、年額使用料1万2000円から。