ぷらっとホームの「EasyBlocks PacketiX VPNアプライアンス」は、インターネットにHTTPS(TCP/443)で接続できる環境であれば、VPN(仮想プライベートネットワーク)を確立できるVPNアプライアンス機器である。ソフトウエアとして、ソフトイーサのVPNソフト「PacketiX VPN 4.0」を搭載している。

「EasyBlocks PacketiX VPNアプライアンス」の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 PacketiX VPNの特徴は、HTTPS(TCP/443)のパケットでイーサネットフレームをカプセル化する手法を使ってレイヤー2のVPNを実現すること。HTTPSは、一般的なWebアクセスに使うプロトコルであるため、大半のインターネット接続環境でネットワーク設定を変更せずに利用できる。

 クライアントPCにインストールするVPNクライアント接続ソフト(VPNクライアント)は、システム管理者向けのツール「簡易インストーラ作成ウィザード」を使って作成する。接続の設定をあらかじめ指定したVPNクライアントのインストーラを作成できるため、クライアント側での導入が容易である。

 HTTPSベースのVPNプロトコルに加えて、L2TPやIPsecといった汎用のVPNプロトコルも利用できる。汎用のVPNプロトコルを搭載した各種のVPNクライアント(スマートフォンや他社製のVPN機器など)からもVPNで接続できる。

 ハードウエアは、可動部品のないファンレス構造とした。冷却ファンを排除したほか、内蔵ストレージにSSDを採用した。これにより、ハードウエア故障を起因とするサービス停止の可能性を排除した。

 大きさは、置き場所に困らないようにコンパクト設計とした。サイズは、幅194×奥行き177×高さ42ミリメートルで、重さは約1160グラム。消費電力は、アイドル時に5ワット(19.6VA)、高負荷時に18.1ワット(26.5VA)。電源は、AC電源(AC100-240V)を内蔵しており、別途アダプタは不要である。

EasyBlocks PacketiX VPNアプライアンスの概要
用途と機能インターネットにHTTPSで接続できる環境であればVPNを確立できるVPNアプライアンス機器
搭載するソフトウエアソフトイーサのVPNソフト「PacketiX VPN 4.0」
VPNプロトコルの特徴HTTPS(TCP/443)のパケットでイーサネットフレームをカプセル化する手法を使ってレイヤー2のVPNを実現する。大半のインターネット接続環境で、ネットワーク設定を変更することなく利用できる
VPNクライアントの導入システム管理者向けのツール「簡易インストーラ作成ウィザード」を使ってVPNクライアントのインストーラを作成できる。接続の設定をあらかじめ指定できるため、クライアント側での導入が容易
汎用VPNプロトコルHTTPSベースのVPNプロトコルに加えて、L2TPやIPsecといった汎用のVPNプロトコルも利用できる。これにより、スマートフォンや他社製のVPN機器などからもVPNで接続できる
ハードウエアの特徴可動部品のないファンレス構造とした。冷却ファンを排除したほか、内蔵ストレージにSSDを採用した。これにより、ハードウエア故障を起因とするサービス停止の可能性を排除した
ネットワークポート1000BASE-T×4ポート
大きさ幅194×奥行き177×高さ42ミリメートル
重さ約1160グラム
消費電力アイドル時に5ワット(19.6VA)、高負荷時に18.1ワット(26.5VA)
電源AC電源(AC100-240V)を内蔵。別途アダプタは不要
モデルStandard EditionProfessional EditionEnterprise Edition
想定規模小規模企業(30クライアント、1拠点接続)中規模企業(100クライアント、3拠点接続)大規模企業(300クライアント、9拠点接続)
市場想定価格(税別)24万8000円から34万8000円から74万8000円から
発表日2020年5月29日(新バージョン)
提供開始日2020年5月29日(新バージョン)