住友電工情報システムの「楽々Document Plus」は、文書管理ソフトである。企業の文書を「フォルダー」と「文書(ドキュメント)」の階層構造で管理する。複数のファイルを1つの「文書」に添付して「フォルダー」に保管する仕組み。Webアプリケーションとして動作する。

楽々Document Plusは、企業の文書を「フォルダー」と「文書(ドキュメント)」の階層構造で管理する文書管理サーバーソフト。「文書」に対して、「日付」や「作成者」といった任意の項目を属性として付与できる
(出所:住友電工情報システム)
[画像のクリックで拡大表示]

 文書に対して、「日付」や「作成者」といった任意の項目を属性として付与できる。これにより、全文検索のほか、文書の作成者や作成日といった属性による絞り込みができる。アクセス権限の設定や承認ワークフローの機能も備える。

 文書は、ドラッグ&ドロップ操作で登録できる。また、部門に分散しているファイルサーバーを統合して閲覧・検索できるので、手軽に運用を開始できる。複合機で電子化したファイルを自動で登録する運用も可能。登録したファイルは、OCR(光学文字読み取り)で処理し、全文検索の対象となる。

 全文検索と属性検索の検索条件を入力する画面が1つにまとまっている。例えば、文書の作成者で検索した結果を表示しながら、キーワードで全文検索して結果を絞り込むといった使い方ができる。検索画面は、検索結果にファイルの中身をサムネイル表示するサマリー表示と、各文書の属性が確認しやすい一覧表示を、自由に切り替えられる。

 契約書の管理機能も持つ。契約期限が近づいた際に通知メールを送付したり、契約期限が超過した際に督促メールを送付したりできる。送付先には、部署などのグループや個人を指定できる。

楽々Document Plusの概要
用途と機能文書管理サーバーソフト。企業の文書を「フォルダー」と「文書(ドキュメント)」の階層構造で管理する。複数のファイルを1つの「文書」に添付して「フォルダー」に保管する仕組み。アクセス権限の設定や承認ワークフローの機能も備える
動作形態Webアプリケーション
特徴文書に対して、「日付」や「作成者」といった任意の項目を属性として付与できる。これにより、全文検索のほか、文書の作成者や作成日といった属性による絞り込みができる
文書の登録方法文書は、ドラッグ&ドロップ操作で登録できる。また、部門に分散しているファイルサーバーを統合して閲覧・検索できる。複合機で電子化したファイルを自動で登録する運用も可能。登録したファイルは、OCR(光学文字読み取り)で処理し、全文検索の対象となる
検索機能の詳細全文検索と属性検索の検索条件を入力する画面が1つにまとまっている。例えば、文書の作成者で検索した結果を表示しながら、キーワードで全文検索して結果を絞り込むといった使い方ができる
契約書管理機能契約期限が近づいた際に通知メールを送付したり、契約期限が超過した際に督促メールを送付したりできる。送付先には、部署などのグループや個人を指定できる
稼働環境■サーバーOSは、Windows Server
■Javaアプリケーションサーバーは、Apache Tomcat
■データベースは、PostgreSQL/Oracle Database/SQL Server
■クライアント環境は、Webブラウザ(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome、Firefox、Android上のGoogle Chrome、iPad上のSafari)
価格要問い合わせ
発表日2019年6月13日(Ver.5.1)
提供開始日2019年6月13日(Ver.5.1)