ソリトンシステムズの「Soliton SecureDesktop WoL Box」は、社内にあるパソコンの電源をリモート操作でONにするリモートウェイクアップ機能を搭載した小型アプライアンス機器である。同一セグメント上のパソコンを起動できる。社内のパソコンを社外から遠隔操作するリモートデスクトップの用途に向く。

Soliton SecureDesktop WoL Boxの概要
(出所:ソリトンシステムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 遠隔地にあるパソコンの電源をONにする手段として一般的なのは、サーバーにリモートウェイクアップ用のソフトウエアをインストールして実現する方法である。これに対してWoL Boxでは、手のひら大の小型アプライアンスにリモートウェイクアップ機能をまとめた。ネットワークに接続するだけで使えるため、運用負荷が低い。

 ソリトンシステムズのリモートデスクトップ製品「Soliton SecureDesktop」と組み合わせて使うことを想定している。これにより、在宅勤務やテレワークにおいて、社内にあるパソコンの電源をWoL BoxでONにして、起動したパソコンをSoliton SecureDesktopを用いてリモートで操作できるようになる。

 Soliton SecureDesktopは、画面情報端末プロトコルを用いたリモートデスクトップソフトである。米Splashtopのリモートデスクトップソフト「Splashtop Enterprise」を利用している。接続元の端末に導入する「Client」と、接続先の社内パソコンに導入する「Streamer」、これらを仲介する中継サーバー機「Center」で構成する。中継サーバー機をインターネットセグメントに配置することによって、外出先から社内のパソコンをリモート操作できる。

Soliton SecureDesktop WoL Boxの概要
用途と機能社内にあるパソコンの電源をリモート操作でONにできる小型アプライアンス機器。同一セグメント上のパソコンを起動できる
典型的な使い方社内のパソコンを社外から遠隔操作するリモートデスクトップの用途に向く。ソリトンシステムズのリモートデスクトップ製品「Soliton SecureDesktop」と組み合わせて使うことを想定している。在宅勤務やテレワークにおいて、社内にあるパソコンの電源をONにして、起動したパソコンをリモートで操作できるようになる
ネットワーク
ポート
1000BASE-T×2
最大消費電力24VA
外形寸法幅155×幅32×奥行120ミリメートル
重さ240グラム
価格(税別)4万8000円
発表日2019年6月21日
提供開始日2019年6月26日