インテックの「LogRevi(ログレビ)」は、業務サーバーのログを1カ所に集約して統合的に管理できる統合ログ管理ソフトである。複数のログを時間軸などで関連付けて検索/参照できる。グラフや表でドリルダウン分析ができるWeb画面も生成できる。オプションで、社員の行動を可視化する「行動管理レポート」も作成できる。

「行動管理レポート」の画面。社員の1日のシステム操作を、ログの出力件数を基に帯状に表示する。帯の色の濃淡によって、どの時間帯にどのぐらいの操作があったかを確認できる。該当個所をクリックすることで、ログの詳細を表示できる
「行動管理レポート」の画面。社員の1日のシステム操作を、ログの出力件数を基に帯状に表示する。帯の色の濃淡によって、どの時間帯にどのぐらいの操作があったかを確認できる。該当個所をクリックすることで、ログの詳細を表示できる
(出所:インテック)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

 形式が異なる複数のログを、時間軸などで関連付けて検索/参照できる。社員の行動を可視化する「行動管理レポート」を用いると、アンケート調査よりも簡単に、ITシステムのログから社員の勤務実態を把握できる。

提供形態

 ソフトウエア。ログを収集して管理するサーバーソフトと、検索/分析用のコンソールソフトで構成する。CSV(カンマ区切り形式)、タブ区切り形式、固定長形式など、任意のログを取り込める。

 オプションとして、社員の行動を可視化する「行動管理レポート」機能を備える。特定の日時における社員のシステム操作を可視化するレポートを作成できる。社員のPCの操作ログや入退室履歴などの客観的データを基に、各個人の労働の実態を可視化できる。

 レポート上では、個々の社員の1日のシステム操作を、ログの出力件数を基に帯状に表示する。帯の色の濃淡によって、どの時間帯にどのぐらいの操作があったかを一目で確認できる。該当個所をクリックすることで、ログの詳細を表示できる。不審な行動を見つけた際は、すぐ調査へと移ることができる。

仕組み

 Windowsファイル共有(CIFS/SMB)やファイル転送(SFTP)などを介して、監視対象となる業務サーバーからログファイルを取り込む。WindowsイベントログやSyslogも収集できる。

使い方

  • 複数のログ同士を時間軸などで関連付けて検索/参照できる
  • グラフや表を駆使したレポート(ドリルダウン分析可能なWeb画面など)も生成できる
  • 行動管理レポートでは、社員の行動を可視化できる

稼働環境

  • 稼働OSは、Windows Server 2012 R2/2016/2019(いずれもx64)
  • Javaアプリケーションサーバーは、Apache Tomcat 8
  • Web管理コンソールを利用できるWebブラウザは、Internet Explorer 11またはGoogle Chrome

価格・料金(税別)

  • LogRevi本体は170万円から
  • オプションの「行動管理レポート」は50万円

発表日

2021年6月17日

提供開始日

2021年6月