NTTコミュニケーションズの「COTOHA Search Assist」は、自然文を使って社内の情報を検索できるクラウドサービスである。文章の内容を理解できるAIを利用している。キーワードで検索するタイプの製品と比べ、より的確な回答を提示できるとしている。

自然文を使って社内の情報を検索できる。AIは「登録文書の文意(検索対象)」と「質問文の文意」の両方を理解する
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 検索エンジン機能をクラウド型で提供する。検索対象となる社内文書は、ユーザー専用のURLを介してWebブラウザーからアップロードして登録する。業務マニュアルなどのドキュメントをアップロードするだけで、書いてある内容をAIが読解して取り込む。

 エンドユーザーは、Webブラウザーから自然文で質問を入力して使う。登録済みのドキュメントをファイル横断型で全文検索し、質問の意図に合致した答えを提示する。社外の顧客からの質問に回答する用途にも利用できる。

 特徴の1つは、AIが文意を理解すること。取り込む文書の内容と、自然文で検索する際の質問文の内容を理解する。要素技術として、NTT研究所が開発した文章の構成(章立て、見出しなど)を把握する機械読解技術を採用している。

 例えば、「異動した後に必要な手続きは?」という質問に対して、社内システムの設定マニュアルや名刺の発注に関する文書など複数のドキュメントから該当する章を探し出し、手続きを記載した箇所を提示する。単純に「異動」や「手続き」といったキーワードを含んだドキュメントを検索するよりも的確な回答を提示する。

 登録文書の内容をAIが理解するため、あらかじめFAQ(質問と回答のペア)を作成しておく必要がない。既存のドキュメントをアップロードするだけで、AIが内容を理解し、質問の答えに相当する情報を含んだ箇所を提示する。FAQでカバーできない低頻度の質問にも対応できる。

 NTTコミュニケーションズが想定する主な利用シーンは、以下の通り。

在宅勤務

 在宅勤務は「同僚がそばにいない」「資料が手元にない」といった状況になり、ちょっとした調べもののハードルが上がる。COTOHA Search Assistを利用することで、疑問を気軽に、素早く解決できる。

商品情報の収集

 営業担当者は、多様化する商品の情報や、商品の多様化に伴って増える販売マニュアルからの情報収集に、多くの時間を費やしている。COTOHA Search Assistを利用することで、情報の収集を効率化する。

社内ヘルプデスク

 社内システムに関する質問や、総務や社内手続きに関する質問の回答などに利用できる。COTOHA Search Assistは、既存のマニュアルをアップロードするだけで、FAQにない質問に回答できるようになる。

COTOHA Search Assistの概要
用途と機能自然文を使って社内の情報を検索できるクラウドサービス
特徴文章の内容を理解できるAIを利用している。取り込む文書の内容と、自然文で検索する際の質問文の内容を理解する。キーワードで検索するタイプの製品と比べ、より的確な回答を提示できる
文書の登録方法検索対象となる社内文書は、ユーザー専用のURLを介してWebブラウザーからアップロードして登録する。業務マニュアルなどのドキュメントをアップロードするだけで、書いてある内容をAIが読解して取り込む
検索方法Webブラウザーから自然文で質問を入力する。登録済みのドキュメントをファイル横断型で全文検索し、質問の意図に合致した答えを提示する。社外の顧客からの質問に回答する用途にも利用できる
FAQの作成登録文書の内容をAIが理解するため、あらかじめFAQ(質問と回答のペア)を作成しておく必要がない。既存のドキュメントをアップロードするだけで、AIが内容を理解し、質問の答えに相当する情報を含んだ箇所を提示する。FAQでカバーできない低頻度の質問にも対応できる
主な利用シーン・在宅勤務(疑問を気軽に、素早く解決する)
・商品情報の収集(販売マニュアルからの情報収集を効率化する)
・社内ヘルプデスク(社内システムに関する質問や、総務や社内手続きに関する質問などに利用する)
価格(税別)月額50万円。利用ユーザー数は100人まで。ドキュメント容量は5Gバイト(ファイル数は500)まで
発表日2020年6月29日
提供開始日2020年6月30日