エーアイスクエアの「QuickQA」は、社内の問い合わせや顧客からの問い合わせに自動で応対できるAIチャットボットである。チャットツールやSNSなど、各種のチャネルで利用できる。エーアイスクエアが自社で開発した自然言語処理AIエンジンを活用している。

QuickQAを利用している画面の例
(出所:エーアイスクエア)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

 日本語を得意としており、少ない学習データでも言葉の揺らぎを吸収し、適切な回答を提示できるとしている。

提供形態

 シナリオベースだけでなく、質問の言葉の揺らぎや各種パターンの言い回しを吸収し、精度の高い回答ができる。質問者の所属や役職によって回答を出し分けることもできる。AIの精度を上げるためのデータメンテナンスも容易としている。

 あらかじめ学習させた教師データ(Q&A)に基づき、自然文による質問の意味をAIエンジンが解析して、登録してあるFAQから最も適した回答を提示する。運用中に教師データを追加投入することで、さらに幅広い言い回しに対応できる。AIの知識がなくても、学習データを管理画面から簡単にメンテナンスできる。

 利用にあたっては、数千のテンプレートを活用できる。これを活用することで、1からデータを準備する必要がない。最短1カ月で運用を開始できるとしている。エーアイスクエアのRPAセンターにおいて学習データ作成の代行も可能である。初期導入から定着化までを支援する。

主な機能

チャットボット/SNS連携機能

 チャットツールやSNSなど、各種の顧客接点ツールに対してAIチャットボット機能を提供する。

学習データメンテナンス機能

 Q&Aデータ、コーパス、同義語といった学習データを管理画面から容易にメンテナンスできる。

シナリオツリー・雑談設定機能

 管理画面から作成した応対シナリオや雑談をチャットボットに表示させられる。

ログ分析・学習機能

 検索クエリーやシナリオ操作などのログを管理画面から把握したうえで、追加で学習を行える。

アクセス制限機能

 チャットボットやユーザー権限、シナリオの選択メニューに応じてQ&Aを出し分けられる。

使い方

 チャットツールやSNSなど、各種のチャネルにAIチャットボット機能を組み込んで利用できる。

価格・料金(税別)

  • 初期費用は100万円
  • 使用料は月額30万円から
  • 導入支援費用は30万円から