アルプスシステムインテグレーション(ALSI)の「クラウド構築支援サービス」は、パブリッククラウドを用いてテレワーク環境を構築するSIサービスである。IT部門のリソース不足で、テレワークの導入が難しい中小企業などに向けて提供する。

リモートアクセス環境の構築では、AWSやAzureなどを用いてVPN環境やVDI環境を構築する
(出所:アルプスシステムインテグレーション)
[画像のクリックで拡大表示]

 大きく4つのサービスを提供する。(1)リモートアクセス環境を構築するサービス、(2)ファイルサーバーをクラウド環境に移行するサービス、(3)テレワーク時のセキュリティ対策サービス、(4)システムの稼働状況を監視するサービス――である。

 (1)のリモートアクセス環境の構築では、AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azure、その他のクラウドサービスを用いて、VPN環境やVDI(デスクトップ仮想化)環境を構築する。自宅や外出先から社内システムにアクセスできるようにする。最短3営業日で利用を開始できる。

 (2)のファイルサーバーのクラウド移行では、AWSやAzureを利用して、ファイルサーバーをクラウドに移行する。クラウド移行後も、これまでと同じようにファイルサーバー上の文書にアクセスできる。最短3営業日で利用できる。

 (3)のテレワーク時のセキュリティ対策では、ログの監視、エンドポイントセキュリティ、Webフィルタリング、情報漏えい対策など、各種の手法を導入する。脅威の侵入前と侵入後の両方に備える。最短2週間で利用できる。

 (4)のシステムの稼働状況監視では、クラウドサービスやネットワーク、セキュリティなど、各種システムを24時間365日体制で監視する。何が起こっているのかをリアルタイムに可視化するほか、これから起こる可能性のあるリスクを予測する。最短1営業日で利用できる。

クラウド構築支援サービスの概要
用途と機能パブリッククラウドを用いてテレワーク環境を構築するSIサービス。IT部門のリソース不足でテレワークの導入が難しい中小企業などに向けて提供する
サービスの構成(1)リモートアクセス環境を構築するサービス
(2)ファイルサーバーをクラウド環境に移行するサービス
(3)テレワーク時のセキュリティ対策サービス
(4)システムの稼働状況を監視するサービス
リモートアクセス環境構築サービスAWSやAzureなどを用いてVPN環境やVDI環境を構築する。自宅や外出先から社内システムにアクセスできるようにする。最短3営業日で利用を開始できる
ファイルサーバー移行サービスAWSやAzureを利用してファイルサーバーをクラウドに移行する。クラウド移行後もこれまでと同じようにファイルサーバー上の文書にアクセスできる。最短3営業日で利用できる
テレワーク時のセキュリティ対策サービスログの監視、エンドポイントセキュリティ、Webフィルタリング、情報漏えい対策など、各種の手法を導入する。脅威の侵入前と侵入後の両方に備える。最短2週間で利用できる
システムの稼働状況監視サービスクラウドサービスやネットワーク、セキュリティなど、各種システムを24時間365日体制で監視する。何が起こっているのかをリアルタイムに可視化するほか、これから起こる可能性のあるリスクを予測する。最短1営業日で利用できる
価格(税別)構築支援サービスの費用は15万円から。クラウドサービスの費用は別途必要
発表日2020年7月1日
提供開始日2020年7月1日