オルツの「AI翻訳」は、ビデオ会議映像に翻訳字幕をリアルタイムで表示するサービスである。利用者がマイクに向かって話した言葉を即座にテキスト化し、任意の言語に翻訳したうえで、発話者自身の映像に字幕を重ねて表示する。ビデオ会議の参加者は、AI翻訳ユーザーの映像に映っている字幕を読むことで、AI翻訳ユーザーが話している内容を理解できる。

「AI翻訳」の画面イメージ
(出所:オルツ)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

 ビデオ会議映像に翻訳字幕をリアルタイムで表示できる。話し終えてから映像に字幕が表示されるまでの速度は、最速で2秒である。翻訳元と翻訳先言語は、30カ国語以上の言語から選択できる。

提供形態

 翻訳元と翻訳先言語は、30カ国語以上の言語から選択できる。

 字幕を付けることができる映像は、AI翻訳ユーザーを映した映像だけである。AI翻訳ユーザーは、AI翻訳ユーザー自身の映像に、AI翻訳ユーザー自身の音声を他国語に翻訳した字幕を重ねられる。

 ビデオ会議の参加者全員の言葉を字幕化したい場合は、参加者全員がAI翻訳ユーザーになってビデオ会議に参加する必要がある。

仕組み

 AI翻訳自体はクラウドサービスであり、Webブラウザ(Google Chrome)からhonyaku.aiにログインして利用する。Google Chromeのエクステンション(拡張機能)をインストールすることで、ビデオ会議映像に字幕を重ねて表示できる。

使い方

 Google Chromeの拡張機能をインストールした状態でZoomを利用する。

稼働環境

 利用できるビデオ会議ソフトは、現状ではZoomだけ。順次、他のソフトでも使えるようにする。

価格・料金(税別)

無料

発表日

2021年7月30日(AI翻訳バージョン1.2.0、Chrome拡張機能バージョン1.0.1)

提供開始日

2021年7月30日(AI翻訳バージョン1.2.0、Chrome拡張機能バージョン1.0.1)