ゾーホージャパンの「Zoho Analytics 5.0」は、BI(ビジネスインテリジェンス)ソフトである。複数のシステムから多様な形式のデータを取り込んで集計し、グラフや表などで可視化し、ダッシュボードやレポートの形で出力する。

BIソフト「Zoho Analytics 5.0」の画面
BIソフト「Zoho Analytics 5.0」の画面
(出所:ゾーホージャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

 使い勝手に注力している。例えば、ダッシュボードやレポートを自動で生成するAIアシスタント機能を備える。分析結果を踏まえた洞察まで自動で提供する。AIアシスタントは、ユーザーの質問をチャットボックス形式で入力して対話型で操作できる(現在は英語による対応)。

提供形態

 クラウドサービスまたはオンプレミス製品として提供する。

 データの準備作業に特化したデータプレパレーションソフト「Zoho DataPrep」を統合している。Zoho DataPrepを使うことで、取り込んだデータの統合、モデリング、クレンジング、強化など、より分析に適した形式に整えられる。

 Zoho DataPrepは、機械学習を使ってユーザーのニーズを予測し、自動で必要な作業を示す。専門知識や技術を持たない業務ユーザーでも、数回のクリック操作だけでデータの準備作業を完了させられる。

主な機能

AIアシスタント機能

 ダッシュボードやレポートを自動で生成する。分析結果を踏まえた洞察まで、自動で提供する。

What-If分析機能

 データの値を自由に変化させて結果を予測する。

ワードクラウド機能

 データに含まれる単語の登場頻度を文字の大きさで可視化する。

データプレパレーション機能

 Zoho Analyticsと連携して動作するデータプレパレーションソフト「Zoho DataPrep」を統合している。取り込んだデータの統合/加工やクレンジングなど、より分析に適した形式に整える。

稼働環境

 クラウド版は、クラウド型で動作する。オンプレミス版は、オンプレミスのサーバー上で動作する。

価格・料金(税別)

 クラウドサービスの場合、ユーザー数やデータの行数、利用できる機能などに応じて4つのプランから選択できる。年間払い契約の場合、

  • ベーシックプラン:月額2700円
  • スタンダードプラン:月額5400円
  • プレミアムプラン:月額1万3500円
  • エンタープライズプラン:月額5万3460円

発表日

2021年7月13日

提供開始日

2021年7月13日