NTTテクノクロスの「ひかりワンチームSP for テレワーク」は、テレワーク向けの健康管理支援サービスである。社員の健康をリモートから管理できる。

 社員は、クライアントPCやスマートフォンから、日々の体調や心の変化、業務の達成感を報告する。表現しにくい心の変化や、人間関係に関する悩みなども、項目にチェックするだけで報告できる。新しいチェック項目を独自に追加することもできる。

 健康状態を報告する画面では、生活リズム(目覚めが悪い、寝つきが悪い、眠気がひどい、食事時間が不規則)、体の痛み(肩こり、腰痛、腹痛、頭痛)、体調不良(発熱、咳、喉の痛み、倦怠感、下痢、鼻水、鼻づまり、寒気、関節痛、味覚の異常)などを報告できる。

従業員報告画面イメージ
(出所:NTTテクノクロス)
[画像のクリックで拡大表示]

 社員からの報告によって、管理画面上に表示する社員の顔マークの色が変わる仕組み。体調や心の変化を視覚的に表示できる。何かしらの不調を報告している社員は、顔アイコンが赤くなる。

管理者画面(従業員一覧表示)イメージ
(出所:NTTテクノクロス)
[画像のクリックで拡大表示]

 重要な変化を一目で把握できる。管理者のアドバイスなど、迅速に対応できるようになる。管理者だけで対応を判断できない場合は、関連部署と情報を共有することで、問題の早期発見・早期対応につなげられる。

ひかりワンチームSP for テレワークの概要
用途と機能テレワーク向けの健康管理支援サービス。社員の健康をリモートから管理できる
健康の報告方法社員は、クライアントPCやスマートフォンから、日々の体調や心の変化、業務の達成感を報告する。表現しにくい心の変化や、人間関係に関する悩みなども、項目にチェックするだけで報告できる
報告する項目・生活リズム(目覚めが悪い、寝つきが悪い、眠気がひどい、食事時間が不規則)
・体の痛み(肩こり、腰痛、腹痛、頭痛)
・体調不良(発熱、咳、喉の痛み、倦怠感、下痢、鼻水、鼻づまり、寒気、関節痛、味覚の異常) など
新しいチェック項目を独自に追加することもできる
社員の健康を把握する方法社員からの報告によって、管理画面上に表示する社員の顔マークの色が変わる。体調や心の変化を視覚的に表示できる。何かしらの不調を報告している社員は、顔アイコンが赤くなる
価格(税別)年額36万円(100ユーザー)
発表日2020年8月3日
提供開始日2020年9月