富士通の「SNAPEC-PF S1/Platform」は、サブスクリプション(購読)型のビジネスに必要なシステム基盤をSaaS型で提供するサービスである。サブスクリプション型ビジネスにおける受注から契約、請求までの一連の機能を提供する。サブスクリプション型で商品やサービスを販売できるので、レンタルやリース販売を行う業種全般に向く。

SNAPEC-PF S1/Platformの概要
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]

 フロントエンド機能として、EC(電子商取引)サイトの基本機能を提供。商品の一覧、商品の詳細、顧客ごとのマイページといった機能が利用できる。バックエンド機能として、見積管理、注文管理、売買契約管理、請求管理、課金ルール管理、顧客管理、などを提供。サブスクリプションの課金ルールは、月額、年額、日割り計算、従量課金など、細かく設定できる。

 既存のECサイト構築サービス「FUJITSU Business Application SNAPECシリーズ」と組み合わせることができる。例えば「SNAPEC-EX」と組み合わせると、物販商品の在庫管理や出荷管理といったバックエンド機能が使えるようになる。また、「SNAPEC-FORCE」と組み合わせると、商品レコメンドや商品検索などのフロントエンド機能が使えるようになる。

 今後は、キャリア決済やQRコード決済などの決済手段を使えるようにする機能や、ECサイト画面を編集するコンテンツ管理機能などを強化する予定である。

SNAPEC-PF S1/Platformの概要
用途と機能サブスクリプション(購読)型ビジネスを運営するためのシステム基盤をSaaS型で提供する。サブスクリプション型ビジネスにおける受注から契約、請求までの一連の機能を用意した
ターゲット企業レンタルやリース販売を行う業種全般
フロントエンド機能EC(電子商取引)サイトの基本機能として、商品一覧、商品の詳細、顧客ごとのマイページなどを提供する
バックエンド
機能
見積管理、注文管理、売買契約管理、請求管理、課金ルール管理、顧客管理、などを提供する
課金ルール月額、年額、日割り計算、従量課金など、細かく設定できる
製品連携による強化既存のECサイト構築サービス「FUJITSU Business Application SNAPECシリーズ」と組み合わせて、物販商品の在庫管理や出荷管理といったバックエンド機能のほか、商品レコメンドや商品検索といったフロントエンド機能を追加できる
価格(税別)初期費用が1000万円から、月額費用が50万円から
発表日2019年7月17日
提供開始日2019年7月17日