インターネットイニシアティブの「IIJオブジェクトストレージサービス」は、Amazon S3とAPIの互換性がある、クラウド型のオブジェクトストレージサービスである。Amazon S3互換APIまたはWeb画面を介してファイルのアップロードとダウンロードができる。

IIJオブジェクトストレージサービスの概要。西日本リージョンと東日本リージョンを用意している
(出所:インターネットイニシアティブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ライセンスの特徴は、シンプルにデータ保存量に対して従量課金すること。データのアップロードとダウンロードにともなうデータ転送料は発生しない。さらに、データの保存容量に上限がないため、大容量バックアップやアーカイブなどの用途に向く。

 東日本リージョンと西日本リージョンの2拠点でサービスを提供する。重要なデータを別リージョンに遠隔地保管できる。DR(災害時復旧)対策として、東西間で冗長化を図ることも可能である。

 閉域網接続も提供する。IIJのバックボーン上にユーザー専用のプライベートネットワークを構築する「IIJプライベートバックボーンサービス」を経由して閉域網接続できる。

IIJオブジェクトストレージサービスの概要
用途と機能Amazon S3とAPIの互換性がある、クラウド型のオブジェクトストレージサービス。Amazon S3互換APIまたはWeb画面を介してファイルのアップロードとダウンロードができる
ライセンスの特徴シンプルにデータ保存量に対して従量課金すること。データのアップロードとダウンロードにともなうデータ転送料は発生しない
データの保存容量データの保存容量には上限がない。大容量バックアップやアーカイブなどの用途に向く
サービス拠点東日本リージョンと西日本リージョンの2拠点でサービスを提供する。重要なデータを別リージョンに遠隔地保管できる。DR(災害時復旧)対策として、東西間で冗長化を図ることも可能である
閉域網接続IIJのバックボーン上にユーザー専用のプライベートネットワークを構築する「IIJプライベートバックボーンサービス」を経由して閉域網接続が可能
価格(税別)データ保存量1Gバイトあたり月額7円
発表日2019年7月31日(東日本リージョン)
提供開始日2019年7月31日(東日本リージョン)