アクロニス・ジャパンの「Acronis True Image 2021」は、個人事業主や小規模ビジネスに向いたイメージバックアップソフトである。OSを含めたディスクイメージ全体や、ファイル/フォルダー単位でデータをバックアップできる。

「Acronis True Image 2021」で追加したウイルス対策機能の概要
(出所:アクロニス・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 手動での都度バックアップのほか、スケジュールを指定したバッチ型のバックアップの運用ができる。バックアップデータは、ローカルストレージへの保管に加えて、アクロニス・ジャパンが用意したクラウドストレージに格納できる。

 現行版は、エージェントソフトが備えるセキュリティ機能として、ウイルス対策機能とURLフィルタリング機能を利用できる。単一のソフトでイメージバックアップとウイルス対策の2つの機能を利用できる。

 ウイルス対策の手法として、シグネチャーベースのエンジンを備えるほか、機械学習で作成した検知モデルを使って未知のマルウエアを検知できる。実行中のプログラムの振る舞いからマルウエアであることを検出する機能も持つ。

 ウイルス対策のタイミングは。リアルタイムスキャンのほか、ストレージ上のファイルを手動またはスケジュール実行によってウイルススキャンをできる。

Acronis True Image 2021のエディション
(出所:アクロニス・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
Acronis True Image 2021の概要
用途と機能個人事業主や小規模ビジネスに向いたイメージバックアップソフト。OSを含めたディスクイメージ全体や、ファイル/フォルダー単位でデータをバックアップできる
スケジュールバックアップ手動での都度バックアップのほか、スケジュールを指定したバッチ型のバックアップの運用ができる
データ保管先ローカルストレージへの保管に加えて、アクロニス・ジャパンが用意したクラウドストレージに格納できる
ウイルス対策エージェントソフトが備えるセキュリティ機能として、ウイルス対策機能とURLフィルタリング機能を利用できる。単一のソフトでイメージバックアップとウイルス対策の2つの機能を利用できる
ウイルス対策の手法シグネチャーベースのエンジンを備えるほか、機械学習で作成した検知モデルを使って未知のマルウエアを検知できる。実行中のプログラムの振る舞いからマルウエアであることを検出する機能も持つ
ウイルス対策のタイミングリアルタイムスキャンのほか、ストレージ上のファイルを手動またはスケジュール実行によってウイルススキャンできる
価格(税別)■永続ライセンス
 5982円から
■サブスクリプションライセンス
・ウイルス対策機能が付くAdvencedエディションが年額5074円から
 (クラウドストレージが250Gバイトまたは500Gバイト付く)
・上位のPremiumエディションは年額1万167円から
 (クラウドストレージが1Tバイト付くほか、最大5Tバイトまで拡張できる)
発表日2020年8月21日
提供開始日2020年8月21日(直販サイト経由)
2020年9月18日(販売代理店経由)