ACCESSの「Linkit Maps」(リンクイットマップス)は、外回りに出た社員の位置情報を調べて移動状況をトレースできる動態管理サービスである。現在位置や訪問ルートを地図上に表示しつつ、チャットで連絡を取り合うことができる。訪問先の住所を入力しておけば、地図上で訪問先の位置を共有できる。

Linkit MapsのPC(Webブラウザ)画面
(出所:ACCESS)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンのGPS機能を利用して、地図アプリ上に、外回り社員の位置情報や移動ルートを表示する仕組み。部署単位やプロジェクト単位で、メンバーの位置情報を把握できる。Webブラウザ(Chrome)やスマートフォンアプリ(iOS/Android)で位置情報や移動ルートを確認できる。

 過去の時刻を指定することによって、指定した時刻にどこにいたのかが分かる。行動履歴を表示できるため、訪問のエビデンス(証拠)として活用できる。さらに、パソコンに保存した活動履歴を基にして、効率的なルートを検討するといった使い方もできる。

 Linkit Mapsのユーザーの1社がTBSテレビである。Linkit Maps導入前は、特定のデスク担当者に情報が集中していた。Linkit Mapsの導入後は、取材メンバー全員が簡単にコミュニケーションを取れるようになり、担当デスクはチーム全体の状況を把握しながら適切なタイミングで指示を出せるようになったという。

Linkit Mapsの概要
用途と機能外回りに出た社員の位置情報を調べて移動状況をトレースできる動態管理サービス。現在位置や訪問ルートを地図上に表示しつつ、チャットで連絡を取り合える。訪問先の住所を入力しておけば、地図上で訪問先の位置を共有できる
仕組みスマートフォンのGPS機能を利用して、地図アプリ上に、外回り社員の位置情報や移動ルートを表示する。部署単位やプロジェクト単位で、メンバーの位置情報を把握できる。Webブラウザ(Chrome)やスマートフォンアプリ(iOS/Android)で位置情報や移動ルートを確認できる
行動履歴の検索過去の時刻を指定することによって、指定した時刻にどこにいたのかが分かる。行動履歴を表示できるため、訪問のエビデンス(証拠)として活用できる
ルート分析機能パソコンに保存した活動履歴を基にして、効率的なルートを検討するといった使い方ができる
価格
(税別)
1ユーザーあたり月額670円
動態管理機能を使わないビジネスチャット専用サービスは1ユーザーあたり月額170円
発表日2019年8月1日
提供開始日2019年8月1日