NECソリューションイノベータの「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」は、製品の画像をAIで判定することによって、良品と不良品を検出・分類するクラウドサービスである。主に食品製造業向けに提供する。

「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の概要
「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の概要
(出所:NECソリューションイノベータ)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

 不良品の画像を用意して学習させることなく、良品の画像の学習だけで不良品を検出できる。不良品の発生頻度が低くて画像の収集が難しい場合でも、不良品や異物を検出できる。

提供形態

 製造現場側には、製造ラインで製品画像を撮影するネットワークカメラと、撮影した製品画像を基にAIで良品と不良品を判定するサーバー機を設置する。AI判定結果のデータは、クラウドサービスに転送して蓄積・管理・可視化する。

 無償のオプション機能「NEC AI・画像活用見える化サービス / 学習モデル作成ツール」を用意している。専門的な知識がなくても、Webブラウザー上で学習モデルの作成や評価ができる。ユーザーみずから、検査対象物を追加したり、判定条件を変更したりできる。

オプション機能「NEC AI・画像活用見える化サービス / 学習モデル作成ツール」の画面
オプション機能「NEC AI・画像活用見える化サービス / 学習モデル作成ツール」の画面
(出所:NECソリューションイノベータ)
[画像のクリックで拡大表示]

スペック

市販ネットワークカメラのスペック

  • プロトコル:HTTP
  • 映像圧縮形式:Motion JPEG
  • 画像サイズ:500×500ピクセル以上(推奨)
  • フレームレート:30fps(推奨)

製造現場に設置する画像判定用パソコンのスペック

  • CPU:Intel Core i7シリーズ(推奨)
  • メモリー:4Gバイト以上(推奨)
  • GPU:NVIDIA GeForce GTXシリーズ(ビデオメモリー4Gバイト以上推奨)
  • OS:Ubuntu Desktop(18.04LTS/20.04LTS、64bit)

稼働環境

 クラウドサービス(Amazon Web Servicesを利用)。市販のネットワークカメラとAI判定用PCを用意するだけで運用を始められる。

価格・料金(税別)

月額19万8000円から

発表日

2021年8月17日

提供開始日

2021年8月17日