NTTコミュニケーションズの「析秘(せきひ)」は、データを秘匿化したまま分析して分析結果だけを得られる“秘密計算”サービスである。個人情報や機密情報などを隠したままの状態で分析できる。データを秘匿化したまま、回帰分析やデータ集計など多様な統計分析を行える。

特徴

 オンプレミスにシステムを構築することなく秘密計算を利用できる。Webブラウザーでクラウドサービスにアクセスして利用する。

析秘(せきひ)のアーキテクチャ。Webブラウザ画面から利用できるクラウドサービスとして提供する
析秘(せきひ)のアーキテクチャ。Webブラウザ画面から利用できるクラウドサービスとして提供する
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

提供形態

 秘密計算の手段として、計算対象のデータを複数の断片データに分割して保存するタイプの秘密分散技術を利用している。データを保存しているサーバー同士が連携することで、断片データを復元することなく統計処理などの計算を行える。

仕組み

 単独では意味を持たない断片データに分割して保存しているため、分析結果を取得するユーザーは、元の入力データを参照できない。計算中も秘匿化したままなので、システム管理者が計算途中経過を参照することもできない。

析秘(せきひ)で利用している秘密計算技術の概要
析秘(せきひ)で利用している秘密計算技術の概要
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

使い方

 Webブラウザー画面を介してシステムを利用できる。分析データをWebブラウザー画面からクラウドに登録し、クラウド上でこれを分析し、分析結果をWebブラウザー画面を介して得られる。利用にあたり、複雑なコマンド入力は不要である。

稼働環境

 クラウドサービス。Webブラウザー画面から利用できる。

価格・料金(税別)

 利用するレコード数、付与するID数に応じて3つの料金プランを用意している。

  • 「100万レコードプラン」は、10個のIDを付与し、初期費用が50万円、月額費用が40万円
  • 「1000万レコードプラン」は、20個のIDを付与し、初期費用が100万円、月額費用が85万円
  • 「1億レコードプラン」は、40個のIDを付与し、初期費用が200万円、月額費用が340万円

発表日

2021年8月19日

提供開始日

2021年8月19日