米Atheerの「Atheer(アシアー)」は、AR(拡張現実)システムの基盤ソフトウエアをSaaS型クラウドサービスとして提供するサービスである。工場における設備のメンテナンスといった用途に適する。

Atheerの利用シーン
(出所:伊藤忠テクノソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Atheerを使うと、工場設備を映し出したカメラ映像に、工場設備のメンテナンスに必要な映像を重ねて表示できる。メンテナンス作業にあたるフィールドエンジニアは、現場で説明書などを開くことなく、AR映像を見ながらハンズフリーで作業ができる。さらに、ビデオチャット機能によって、遠隔地の専門家から操作の指示を受けられる。

 ARシステムを構築するための基盤となるミドルウエアを、SaaS型クラウドサービスの形態で提供。ARのためのデバイス(スマートグラスなどのウエアラブル端末やタブレット機器)と組み合わせて使う。マニュアルや音声/動画ファイルといったコンテンツを管理する機能や、作業に応じたワークフローの管理機能も提供する。

 販売代理店の伊藤忠テクノソリューションズでは、Atheerの提供に加え、Atheerの導入にともなう設計やコンサルティング、各種設定、ヘルプデスクなどの関連サービスも提供する。APIを活用した既存システムとの連携や、追加機能の開発といったシステム構築サービスも手がける。

Atheerの概要
用途と機能AR(拡張現実)システムの基盤ソフトウエアをSaaS型クラウドサービスとして提供する。工場における設備保守などの用途に向く
実現できること工場設備を映し出したカメラ映像に、工場設備のメンテナンスに必要な映像を重ねて表示できる。メンテナンス作業にあたるフィールドエンジニアは、現場で説明書などを開くことなく、AR映像を見ながらハンズフリーで作業ができる。さらに、ビデオチャット機能によって、遠隔地の専門家から操作の指示を受けられる
AR機器ARのためのデバイス(スマートグラスなどのウエアラブル端末やタブレット機器)と組み合わせて使う
クラウドの機能ARの基盤ミドルウエアを提供するほか、マニュアルや音声/動画ファイルといったコンテンツを管理する機能や、作業に応じたワークフローの管理機能を提供する
価格
(税別)
1ユーザー当たり年額10万8000円
発表日2019年8月20日
提供開始日2019年8月20日
備考発表日/提供開始日と価格は、国内販売代理店である伊藤忠テクノソリューションズのもの