エアーの「365 Alert」(サンロクゴアラート)は、メールクライアントを問わずに利用できるメール誤送信対策サービスである。誤送信の疑いがあるメールの送信を保留し、誤送信の疑いがある旨をメールまたはTeams経由で送信者に通知する。クラウドサービス「Microsoft 365」のユーザーに向けて提供する。

「365 Alert」の概要。メール配送経路上で誤送信対策を実施する。条件に合致したメールの送信を保留したうえで、メールまたはTeamsで送信者に通知する
(出所:エアー)
[画像のクリックで拡大表示]

 別製品に、メールソフトのOutlookにアドインして使えるメール誤送信対策ツール「WISE Alert」がある。365 Alertは、WISE Alertと同様の機能をOutlookユーザー以外でも使えるようにしたサービスに相当する。メールクライアントの種類を問わないため、クラウド型のWebメールソフト「Outlook on the web」でも利用できる。

 Azure上で動作し、メールを中継する過程で誤送信対策を実施する。あらかじめメール送信を保留する判定条件を設定しておく。メール送信時に判定条件と合致すると送信を保留し、メールまたはTeamsで送信者に通知する。送信者は保留理由を確認し、問題がなければそのまま配送する。

 判定条件として、企業全体で統一したルールと、ユーザーごとの個別ルールを設定できる。ルールの例として、添付ファイルの有無、送信先に外部ドメインが含まれるか、送信先に複数の異なる外部ドメインが含まれるか、送信先がすべて外部ドメインか、送信先が設定した数以上か、件名が空白か、アラートリストに登録したアドレスが送信先に含まれるかなどがある。

365 Alertの概要
用途と機能メールクライアントを問わずに利用できるメール誤送信対策サービス。誤送信の疑いがあるメールの送信を保留し、誤送信の疑いがある旨をメールまたはTeams経由で送信者に通知できる
アーキテクチャーAzure上で動作し、メールを中継する過程で誤送信を防ぐ。これにより、メールクライアントの種類を問わずに利用できる
誤送信防止のワークフローあらかじめメール送信を保留する判定条件を設定しておく。メール送信時に判定条件と合致すると送信を保留し、メールまたはTeamsで送信者に通知する。送信者が保留理由を確認し、問題がなければそのまま配送する
誤送信を疑う条件の例・添付ファイルの有無、送信先に外部ドメインが含まれるか
・送信先に複数の異なる外部ドメインが含まれるか
・送信先がすべて外部ドメインか
・送信先が設定した数以上か、件名が空白か
・アラートリストに登録したアドレスが送信先に含まれるか など
ターゲットユーザークラウドサービス「Microsoft 365」のユーザー
価格(税別)最小構成の50ユーザー時に年額12万円
発表日2020年9月8日
提供開始日2020年9月