日本ヒューレット・パッカード(HPE)の「HPE SimpliVity 325 Gen10」は、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)製品である。分散ストレージソフトとサーバー仮想化ソフトを組み合わせたスケールアウト型の仮想化基盤であり、ノード(PCサーバー)の増設によって収容可能な仮想サーバー台数を増やせる。

HPE SimpliVity 325 Gen10の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 他のHCI製品との最大の違いは、より多くのデータを格納できるように、重複排除/圧縮機能を搭載していること。リソース削減効率を高めるため、データの重複を判定する粒度を8Kバイトと細かくした。重複排除機能を有効活用するための機能として、HPE SimpliVity同士でデータをコピーするデータバックアップ機能を備える。これを利用することで、仮想サーバーイメージのコピーやバックアップを高速に終わらせることができる。

 HPE SimpliVity 325 Gen10をラインアップの他モデルと比較した最大の特徴は、ハードウエアに1ソケットサーバーを採用したこと。CPUとして最大32コアのAMD EPYCプロセッサを1個搭載する。32コアまで1CPU構成で運用できるため。サーバー仮想化ソフトなどのCPUソケットライセンスを安価に抑えられる。

 CPUソケットを1つに抑えたことのほかにも、価格を抑える工夫として、重複排除用のハードウエアアクセラレータを省略し、ソフトウエア処理としている。ソフトウエア処理でも性能が落ちないように、ストレージの最大容量を15Tバイトに抑えている(4Tバイトと15Tバイトから選択する)。なお、ハードウエアアクセラレータを搭載した上位機種では、最大80Tバイトまで容量を増やせる。

 HPE SimpliVity全モデルに共通で、ストレージの稼働状況をリモートで監視/分析するクラウドサービス「HPE InfoSight」を利用できる。ストレージの監視データをもとに、ストレージ、ネットワーク、サーバーの障害の発生を予知できる。

HPE SimpliVityの概要
用途と機能HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)製品。分散ストレージソフトとサーバー仮想化ソフトを組み合わせたスケールアウト型の仮想化基盤であり、ノード(PCサーバー)の増設によって収容可能な仮想サーバー台数を増やせる
他のHCI製品との違いより多くのデータを格納できるように、重複排除/圧縮機能を搭載。リソース削減効率を高めるため、データの重複を判定する粒度を8Kバイトと細かくした
シリーズ内での位置づけシステム価格を下げていること。ハードウエアに1ソケットサーバーを採用し、最大32コアのAMD EPYCプロセッサを1個搭載。32コアまで1CPU構成で運用できるため、サーバー仮想化ソフトなどのCPUソケットライセンスを安価に抑えられる
サーバー仮想化ソフトVMware vSphereまたはHyper-V
最小構成2ノード(PCサーバー2台)
ストレージの最大容量15Tバイト(上位モデルは80Tバイト)
価格(税別)411万6000円から
発表日2019年9月24日
提供開始日2019年9月24日