NECプラットフォームズの「FoodFrontia(フードフロンティア) for TWINPOS 9700Ui」は、外食産業に向けたPOS(販売時点情報管理)システムである。特徴は、操作方法のイラスト表示、音声ガイダンス、多言語対応などによって、セルフ会計時の操作性を高めていること。非対面・非接触の店舗運営を支援する。

「FoodFrontia for TWINPOS 9700Ui」の外観と画面
(出所:NECプラットフォームズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 音声ガイダンスは、POSが内蔵するスピーカから、音声で操作方法を案内する機能である。来店客と店舗スタッフとの接触を避けながら、セルフ会計に慣れない来店客を音声ガイドで支援できる。

 操作方法をイラストで表示できるほか、テキストの表示言語を切り替えられる。これにより、年齢や国籍を問わずに操作できる。

「FoodFrontia for TWINPOS 9700Ui」の画面イメージ
(出所:NECプラットフォームズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動釣り銭機を用いた現金払いに加え、キャッシュレス決済ができる。コード決済、電子マネー、クレジットカードなどが使える。また、来店客によるセルフ操作によって、領収証を発行したり、決済時に値引き券を使ったりできる。

FoodFrontia for TWINPOS 9700Uiの概要
用途と機能外食産業に向けたPOSシステム
特徴操作方法のイラスト表示、音声ガイダンス、多言語対応などによって、セルフ会計時の操作性を高めていること。非対面・非接触で店舗を運営できる
音声ガイダンス機能POSが内蔵するスピーカから、音声で操作方法を案内する。来店客と店舗スタッフとの接触を避けながら、セルフ会計に慣れない来店客を音声ガイドで支援できる
操作方法の表示操作方法をイラストで表示できるほか、テキストの表示言語を切り替えられる。年齢や国籍を問わずに操作できる
決済手段自動釣り銭機を用いた現金払いに加え、キャッシュレス決済ができる。コード決済、電子マネー、クレジットカードなどが使える。また、来店客によるセルフ操作によって、領収証を発行したり、決済時に値引き券を使ったりできる
価格(税別)システム構成によって異なる。付帯作業費を含んだPOS本体1台、アプリケーション1式、キッチンプリンタ1台、レシートプリンタなどの周辺機器を想定した1システムあたりの金額は198万円
発表日2020年9月28日(音声ガイダンスなどセルフ会計機能の強化)
提供開始日2020年9月28日(音声ガイダンスなどセルフ会計機能の強化)