日立製作所の「マイクロサービステクニカルソリューション」は、大規模な業務システムをマイクロサービス型のアーキテクチャーに作り変えることを支援するSIサービスである。

 マイクロサービスを適用できるかどうかの判断を含めた導入コンサルティング、アーキテクチャーの設計、コンテナ環境への移行、DevOps環境の設計・構築などをトータルに支援する。マイクロサービス化の検討に必要となる基礎知識を習得するための教育サービスも提供する。

大規模な業務アプリケーションをマイクロサービス型のアーキテクチャーに移行することを支援するSIサービス「マイクロサービステクニカルソリューション」の概要
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 背景には、大規模システムをマイクロサービス型で構築するのは難しいという状況がある。マイクロサービスでは機能を小さな独立した「サービス」に分割し、複数のサービスを連携させて1つのアプリケーションを実現する。サービス間のデータ整合性や性能を確保する難易度が高い。また、コンテナ環境の構築・運用やDevOps環境の構築など、幅広い技術が必要となる。

 マイクロサービステクニカルソリューションでは、大規模システムであってもマイクロサービスに移行できるよう支援する。なお、日立製作所ではマイクロサービスを簡単に導入できることを狙って、可用性や信頼性を確保するためのシステム方式設計の観点をまとめたガイドラインをレッドハットと共同で整備している。

マイクロサービステクニカルソリューションの概要
用途と機能大規模システムをマイクロサービス型のアーキテクチャーに作り変えることを支援するSIサービス
サービスの内容マイクロサービスを適用できるかどうかの判断を含めた導入コンサルティング、アーキテクチャの設計、コンテナ環境への移行、DevOps環境の設計・構築などをトータルに支援する。マイクロサービス化を検討するにあたって必要になる基礎知識を習得するための教育サービスも提供する
サービスの構成(1)アーキテクチャー設計支援
(2)クラウド・コンテナ移行支援
(3)開発プロセスおよび開発環境設計・構築支援
(4)導入コンサルティングおよび基礎教育
サービスの背景大規模システムをマイクロサービス型で構築するのは難しいという状況がある。マイクロサービスでは機能を小さな独立した「サービス」に分割し、複数のサービスを連携させて1つのアプリケーションを実現する。サービス間のデータ整合性や性能を確保する難易度が高い。また、コンテナ環境の構築・運用やDevOps環境の構築など、幅広い技術が必要となる
価格(税別)個別見積もり
発表日2020年9月29日
提供開始日2020年10月1日