富士ゼロックスの「ソロワークブースCocoDesk」は、オフィスに設置できる個室型のワークスペースである。社員が入れるボックス型の空間に、机、椅子、電源、ネットワーク、ディスプレー、空調など、個人が仕事をする上で必要な要素を一式取りそろえている。

「ソロワークブースCocoDesk」の外観。写真はカラーが白のバージョン
(出所:富士ゼロックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ボックス型の空間であるため、周囲に気兼ねなくオンライン会議に参加したり、業務に集中したりできる。一般的なオフィスでオンライン会議を実施すると、周りに声が聞こえてしまったり、会議に集中できなかったりする問題に対処する。

 ソロワークブースCocoDeskは、富士ゼロックスが2020年2月に東京地下鉄(東京メトロ)の駅構内でサービスを開始した「CocoDesk」をベースとしている。サイズは、幅1530×奥行き1100×高さ2365ミリメートルである。ソロワークブースCocoDeskでは、オフィス向けの仕様として有線LANの接続ポートを追加している。

ソロワークブースCocoDeskの概要
用途と機能オフィスに設置できる個室型のワークスペース。社員が入れるボックス型の空間に、個人が仕事をする上で必要な要素を一式取りそろえている
主なメリットボックス型の空間であるため、周囲に気兼ねなく、オンライン会議に参加したり、業務に集中したりできる。一般的なオフィスで実施するオンライン会議と異なり、周りに声が聞こえることはなく、会議に集中できる
ブースの要素机、椅子、電源、ネットワーク、ディスプレー、空調などを備える
サイズ幅1530×奥行き1100×高さ2365ミリメートル
ベースとなるサービス富士ゼロックスが2020年2月に東京地下鉄(東京メトロ)の駅構内でサービスを開始した「CocoDesk」をベースとしている
価格オープン
発表日2020年9月30日
提供開始日2020年9月30日