インターネットイニシアティブ(IIJ)の「IIJ統合運用管理サービス(UOM) シンプルパック」は、オンプレミスやクラウド上の情報システムを監視・運用するサービスである。システム運用時に発生するアラートをフィルタリングし、タスク(チケット)を登録管理し、あらかじめ設けたルールに沿ってオペレーションを自動実行する。

IIJ統合運用管理サービスの概要
(出所:インターネットイニシアティブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴の1つは、監視項目をシンプルにしたこと。「死活監視」「リソース監視」「正常性確認」「ログ監視」など、よく使う監視項目をテンプレートにした。監視対象となるシステムへの初期設定はIIJが代行するため、ユーザー側での作業は不要で、短期間で導入できる。

 復旧作業も自動化した。アラートを検知した場合、事前に定めたルールに基づき、スクリプトやコマンドセットを自動実行する。これにより、自動でプロセスの再起動やサーバー(OS)の再起動ができる。

 さらに、アラートが上がると、電話またはメールで担当者に通知するとともに、運用管理のチケットを自動起票する。これにより、ユーザーの対応負荷を軽減するとともに、迅速に初動対応をとれるようにしている。

IIJ統合運用管理サービス(UOM) シンプルパックの概要
用途と機能オンプレミスやクラウド上の情報システムを監視・運用するサービス。システム運用時に発生するアラートをフィルタリングし、タスク(チケット)を登録管理し、あらかじめ設けたルールに沿ってオペレーションを自動実行する
特徴監視項目をシンプルにした。「死活監視」「リソース監視」「正常性確認」「ログ監視」など、よく使う監視項目をテンプレート化した
初期設定監視対象となるシステムへの初期設定はIIJが代行する。ユーザー側での作業は不要で、短期間で導入できる
復旧作業復旧作業も自動化した。アラートを検知した場合、事前に定めたルールに基づき、スクリプトやコマンドセットを自動実行、プロセスの再起動やサーバー(OS)の再起動などを行う
通知とチケット起票アラートが上がると、電話またはメールで担当者に通知するとともに、運用管理のチケットを自動で起票する
価格(税別)監視対象のサーバー1台あたり月額1万円
初期費用はサーバー1台あたり1万円(4台以下の場合は一律5万円)
発表日2019年10月1日
提供開始日2019年10月1日