日立ソリューションズ・クリエイトの「快作レポート+ Ver.3」は、作業現場の報告書をタブレット端末で作成できるシステムである。保守点検、設備管理、店舗、製造などの現場に向けて提供する。

快作レポート+の概要
(出所:日立ソリューションズ・クリエイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 紙やExcelで作成していた報告書を、タブレットで作成できる。モバイル報告書アプリの画面は、これまで使っていたExcelの報告書フォーマットを変換して作成できる。モバイル報告書アプリでは、現場の写真をその場で撮影して報告書に直接貼り付けられる。

「快作レポート+」のアプリ画面
(出所:日立ソリューションズ・クリエイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 報告書に押印することもできる。印影をデジタル化した画像データを使う。押印後の改ざんを防止しつつ、印影や承認者・日時などを報告書に反映できる。これにより、紙の報告書のイメージを変えずに報告書をデジタル化できる。

 データの入力では29種類のExcel関数を使える。作業時間を自動で算出するといった使い方で、効率的に報告書を作成できる。

 2021年1月には、ドローツール(サイン、図編集ツール)を強化する。フリーハンドでの描画機能に加え、図形(四角形や丸など)、スタンプ、テキスト入力などができるようになる。iPad OS版ではApple Pencilに対応し、筆圧、傾き、角度を認識して精緻に画像や署名を描画できるようになる。

快作レポート+ Ver.3の概要
用途と機能作業現場の報告書をタブレット端末で作成できるシステム。紙やExcelで作成していた報告書をタブレットで作成できる
主な用途保守点検、設備管理、店舗、製造などの現場に向けて提供する
報告書作成画面モバイル報告書アプリの画面は、これまで使っていたExcelの報告書フォーマットを変換して作成できる。現場の写真をその場で撮影して報告書に直接貼り付けられる
報告書への押印報告書に押印できる。印影をデジタル化した画像データを使う。押印後の改ざんを防止しつつ、印影や承認者・日時などを報告書に反映できる。紙の報告書のイメージを変えずに報告書をデジタル化できる
Excel関数データの入力では29種類のExcel関数を使える。作業時間を自動で算出するといった使い方で、効率的に報告書を作成できる
製品種別オンプレミス版クラウドサービス版
価格(税別)要問い合わせ登録料が5万円、利用料が1ユーザーあたり月額1800円
発表日2020年10月6日
提供開始日2020年11月2日2020年12月