丸紅情報システムズの「業務まるみえ AIリポーター」は、クライアントPCの操作ログを分析し、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で自動化する業務を洗い出すソフトである。RPAで自動化すべき業務を特定できる。

PC操作ログを分析してRPAの対象となる定型業務を洗い出す
(出所:丸紅情報システムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 業務で使っているクライアントPC(Windows、Mac)にソフトをインストールするだけで、クライアントPCの操作ログを分析し、自動化の対象となる定型業務を洗い出せる。ソフトが生成するリポートによって働き方も可視化できる。

 特徴は、自動化の対象となる定型業務をAIで特定すること。操作ログに見られる繰り返しの業務パターンを抽出する。業務中に突発的な作業を実行していた場合は、その作業が業務の一部なのか関係がないのかをAIが判断する。

 収集した操作ログは、クラウドにアップロードして分析する。クラウド側でアプリケーションの操作内容や画面遷移を集計し、操作内容を精査する。精査した操作内容を基に、個人単位および組織単位のリポートを生成する。

 生成したリポートを基に、ユーザーがRPA化の業務を選定する。操作ログは1カ月に1回、月末締めで集めて翌月10営業日ころにリポートを生成する。

業務まるみえ AIリポーターの概要
用途と機能クライアントPCの操作ログを分析し、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で自動化する業務を洗い出すソフト。自動化すべき業務を特定できる
使い方業務で使っているクライアントPC(Windows、Mac)にソフトをインストールするだけで使える。クラウド側で操作ログを分析し、自動化の対象となる定型業務を洗い出し、個人単位および組織単位のリポートを生成する
リポートを生成するタイミング操作ログを1カ月に1回、月末締めで集めて翌月10営業日ころにリポートを生成する。生成したリポートを基に、ユーザーがRPA化の業務を選定する
自動化対象業務の特定自動化の対象となる定型業務はAIで特定する。操作ログに見られる繰り返しの業務パターンを抽出する。業務中に突発的な作業を実行していた場合は、その作業が業務の一部なのか関係がないのかをAIが判断する
価格(税別)■初期費用
1万円
■月額基本料
リポートを集計するグループごとに月額2000円
■サービスの利用料
操作ログを収集するPC×1台あたり月額1400円
※契約期間は1年間。申し込みから7営業日でサービスを利用できる
発表日2020年10月9日
提供開始日2020年10月9日