ソフトエイジェンシーの「SourceGuardian」は、インタープリタ言語であるPHPスクリプトを暗号化し、読めないように難読化するソフトである。テキストファイルをバイトコード形式に変換する。ユーザーに配布した商用アプリケーションのコードが不正にコピーされるといったリスクを解消する。PHP4、PHP5、PHP7/7.1/7.2/7.3/7.4環境で利用できる。

 「エンコーダ」と「ローダー」の2つのソフトウエアで構成する。エンコーダは、PHPスクリプトをバイトコードにエンコードする。1ライセンスで1台にインストールできる。ローダーは、バイトコードに変換したPHPスクリプトを復号するプログラムであり、PHPの実行環境ごとに必要。ローダーは無料で入手して使える。

 PHPスクリプトの配布先に応じて動作を許可するかどうかを制御できる。IPアドレス、MACアドレス、ドメイン名などが一致する場合に限ってアプリケーションが動作するようにできる。アプリケーションに有効期限を設定することもできる。

 アプリケーションの実行制御のほかに、アプリケーションの実行に必要な外部ライセンスファイルを生成する運用もできる。例えば、評価版ライセンスや商品版ライセンスなど異なるライセンスを使い分けられる。

SourceGuardianの概要
用途と機能インタープリタ言語であるPHPスクリプトを暗号化し、読めないように難読化するソフト。テキストファイルをバイトコード形式に変換する
主な効果ユーザーに配布した商用アプリケーションのコードが不正にコピーされるといったリスクを解消できる
ソフトウエアの構成エンコーダローダー
ソフトウエアの概要PHPスクリプトをバイトコードにエンコードするバイトコードに変換したPHPスクリプトを復号するプログラムであり、PHPの実行環境ごとに必要
動作環境Windows、Mac OS X、Linux(i386、x86_64)Windows、Mac OS X、Linux(i386、x86_64)、FreeBSD(i386、x86_64)、組込みLinux(ARM、ARMel、ARMhf(Raspberry Pi、BeagleBoardなど))
アプリケーションの実行制御PHPスクリプトの配布先に応じて動作を許可するかどうかを制御できる。IPアドレス、MACアドレス、ドメイン名などが一致する場合に限ってアプリケーションが動作するようにできる。アプリケーションに有効期限を設定することもできる
ライセンスファイルアプリケーションの実行に必要な外部ライセンスファイルを生成する運用もできる。例えば、評価版ライセンスや商品版ライセンスなど異なるライセンスを使い分けられる
対象のPHPバージョンPHP4、PHP5、PHP7/7.1/7.2/7.3/7.4
価格(税別)1台1ライセンスで2万8000円
製品アップグレード権が付いたサポート費用は年額8000円
無料
発表日2020年10月12日(SourceGuardian 11.4)
提供開始日2020年10月12日(SourceGuardian 11.4)