アドビの「Adobe Sign」は、PDFなどの文書に電子的なサインを施せるクラウドサービスである。紙文書に印鑑を押印してワークフローを回すという既存の業務プロセスをデジタル化できる。電子サインは誰が署名したのかが分かるよう、キーボードから氏名を入力したり、手書き文字のイメージを重ねて表示したりできる。通常の電子サインのほかに、デジタル証明書を利用した電子署名も利用できる。

特徴

 クラウド上で契約書に署名できる。「紙の文書を郵送して、サイン/押印してもらい、郵送で送り返してもらう」といった手動での処理が要らなくなる。 各種の文書に電子サインや電子署名を設定できる。PDF、Word、Excel、PowerPoint、WordPerfect、テキスト、リッチテキスト(RTF)、画像(TIF、JPEG、GIF、BMP、PNG)、Webページなどである。

 Adobe Sign標準の電子サイン機能と、デジタル証明書を利用した電子署名のいずれも利用できる。

提供形態

 クラウドサービス

仕組み

 Adobe Sign標準の電子サイン機能と、デジタル証明書を利用した電子署名のいずれも利用できる。電子署名の場合、署名鍵はクラウド上で保管する。

主な機能

電子署名

 クラウド上で契約書に署名できる。

使い方

 署名を依頼する文書をクラウドにアップロードし、文書に署名してもらいたい人のメールアドレスを入力した後、署名とフォームフィールドをページ上にドラッグ&ドロップする。「送信」をクリックすれば、この文書へのURLリンクがメールで署名者に送られる。

 署名者は、メールに書いてあるURLにアクセスすれば、Webブラウザー上で署名ができる。手順の説明に従って操作する。署名を記入する段階になったら、署名ボックスに名前を入力するか、手書き署名の画像をアップロード、またはマウスか指、スタイラスのいずれかで署名を書き込む。「適用」「完了」の順にクリックすれば署名が完了する。

価格・料金(10%消費税込み)

 複数のプランがある。Acrobat Pro DC(電子サイン機能標準搭載)の場合、署名依頼の送信、ステータスの追跡、電子サインの回収などの基本機能を利用できる。PDFを作成して編集することも、他のユーザーとの共同作業も、電子サインの管理も、1つのアプリケーションの内部で行える。一方、Adobe Sign小規模企業版の場合、一括署名、カスタマイズ、署名可能なフォームをWebサイトに投稿する機能など、高度な電子サイン機能を含む。

  • Adobe Acrobat PDF Packは月額1218円
  • Adobe Acrobat Pro DCは月額1738円
  • Adobe Sign小規模企業版は1ユーザーあたり月額4270円
  • Adobe Signビジネス/エンタープライズ版は要問い合わせ