シヤチハタの「Shachihata Cloud」は、クラウド型の電子印鑑・電子署名サービスである。りん議書や申請書などの社内文書から、見積書や請求書などの取引先との決裁文書に至るまで、各種文書の押印業務をデジタル化できる。電子印鑑を利用する。インターネットとメールアドレスがあれば利用できる。オプションで、事業者(立会人)型の電子署名も利用できる。

特徴

 電子印鑑を利用できるので、ITに苦手意識がある人でも利用できる。利用中の印鑑をそのまま電子化できる。認印のほか、角印やサインなど、どのような印影でも電子印鑑に変換できる。社員それぞれの氏名印や日付印のほかに、社印などのオリジナル印面もなつ印できる。

 申請も承認も回覧も送付も、ビジネスプロセスを変えることなく「なつ印」を介した、いつもの進め方で業務を行える。なつ印した電子文書は、メールのようにあて先を指定して回覧できる。回覧状況の確認も、文書の承認も、会社に戻ることなくオンラインで完結する。PDFファイルに押された印影をクリックすると、Webブラウザでなつ印履歴を確認できる。

 オプションで、文書をクラウドにアップロードすることなく、Office文書へのなつ印ができる。Word、Excel、PPT、PDFファイルに直接なつ印できる。

提供形態

クラウドサービス

仕組み

 利用中の印鑑をそのまま電子化できる。どのような印影でも電子印鑑に変換できる。これをPDF文書ファイルになつ印する。オプションで、事業者(立会人)型の電子署名も利用できる。

主な機能

電子印鑑

 PDF文書に電子印鑑をなつ印してワークフローを回せる。

電子署名

 オプションで事業者(立会人)型の電子署名を利用できる。

タイムスタンプ

 オプションでタイムスタンプを付与できる。

価格・料金(10%消費税込み)

  • 基本ライセンス(電子印鑑、1年間のファイル保存など)は、1ユーザーあたり月額110円。契約は10人単位で年契約(最小構成は10ユーザーで年額1万3200円)
  • 電子署名(事業者立会人型)はオプションで、1ユーザーあたり月額110円
  • タイムスタンプ署名はオプションで、月100回までで月額3300円
  • Office文書へのなつ印はオプションで、1ユーザーあたり月額110円

発表日

2021年10月18日(Okta Identity CloudとSAML連携したSSO)

提供開始日

2021年10月18日(Okta Identity CloudとSAML連携したSSO)