弁護士ドットコムの「クラウドサイン」は、クラウド型の電子契約サービスである。電子的な契約書をオンライン上でやり取りし、取引先との間で契約書を締結できる。上位プランでは、監査ログ機能や高度な内部統制機能なども提供する。

特徴

 クラウド上で契約書に署名できる。「紙の文書を郵送して、サイン/押印してもらい、郵送で送り返してもらう」といった手動での処理が要らなくなる。

 監査ログ機能や複数部署管理機能など、セキュリティ/内部統制を強化する機能群に注力している。

提供形態

 クラウドサービス

仕組み

 電子署名は、契約を取り交わす当事者の代わりに電子契約サービス事業者が署名する事業者型。2021年冬以降には、事業者による電子署名だけでなく、契約の当事者自ら電子署名する当事者型の電子署名機能を追加する。

 当事者型の電子署名では、マイナンバーカードが搭載している電子署名用の電子証明書を利用する。これにより、印鑑証明など公的機関の証明や実印が必要な個人との契約締結を、クラウドサインによって電子化できるようにする。

主な機能

電子署名

 クラウド上で契約書に署名できる。

監査ログ機能

 コーポレートプランが備える。メンバーの操作ログ(いつ、誰が、何の操作をしたか)をCSV(カンマ区切り形式)ファイルで参照/ダウンロードできる。日頃のセキュリティ管理に利用できるほか、リスクの分析やシステム監査に利用できる。

複数部署管理機能(エンタープライズプランのみ)

 クラウドサインを複数の部署で利用する場合に、契約書類を部署やチームごとのキャビネットに分類して管理できる。各キャビネットにアクセスできるメンバーをグルーピングして設定できるので、セキュリティを確保できる

使い方

 署名してもらいたい契約文書をクラウドにアップロードして使う。文書に署名する人は、メールで届いたURLをクリックしてオンラインで書類の内容を確認し、合意を締結する。

価格・料金(税別)

 提供する機能に応じて3つのプランを用意する。

  • Light(ライトプラン):電子契約の締結ができる基本機能を備えたプラン
  • Corporate(コーポレートプラン):ライトプランに加えて、監査ログ機能、書類インポート機能といった、セキュリティと書類管理の基本機能を備えたプラン
  • Enterprise(エンタープライズプラン):コーポレートプランに加えて、複数部署管理機能、承認権限設定、IPアドレス制限など高度な内部統制機能を備えた大企業向けプラン
  • Lightは月額1万円。送信件数あたり200円
  • Corporateは月額2万8000円。送信件数あたり200円
  • Enterpriseは要問い合わせ

発表日

2021年2月10日(料金プランの改訂)

提供開始日

2021年2月10日(料金プランの改訂)