ヤマハの「YVC-330」は、遠隔コミュニケーション用途のスピーカーフォンである。小・中規模の会議室からオープンスペースまで、オフィスのさまざまな環境で使える。

ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン「YVC-330」の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴音声信号処理技術「SoundCap」を搭載。これにより、会話を妨げるような環境音が多いオープンスペースでも、雑音を抑制できるという。会議室の確保が難しい場合でも、オープンスペースを活用して遠隔会議ができる。

 雑音を抑制する仕組みとして、複数のマイクを用いて音の発生源と本体の距離を推定している。本体近くの発話者の声を収音する一方で、会議に不要な周囲の雑音を抑制する。

 発話者の発言状態を認識し、自動でマイクをミュート/ミュート解除する機能も備える。これにより、周囲の騒音が相手に届かないようにする。周囲の騒音の大きさに合わせて、スピーカー音量を調整する機能もある。

 1台で、6人程度の中規模会議に利用できる。オプションの連結ケーブルで2台を連結することも可能で、この場合、10人規模の会議に利用できる。各種のインタフェースを介して他の遠隔会議システムと接続することも可能である。

 会議室など周囲に騒音が少ない環境ではスタンダードモードを使う。3つのマイクを搭載しており、話者追尾機能によって会議参加者の声を明瞭に収音する。

 パソコンとはUSBケーブルで接続する。USBバスパワーで動作し、音量は瞬間最大91dB。ヤマハによれば、「音が悪い」とか「聞こえづらく疲れる」といった問題に悩むことがない水準という。

 USB、Bluetooth、NFC、ステレオミニ入出力など、各種のインタフェースを備える。これにより、パソコン以外にも、スマートフォン/タブレット、ビデオ会議システムなどと接続できる。USB、Bluetooth、ステレオミニ入力の同時使用も可能(オーディオミキサー機能)。

YVC-330の概要
用途と機能遠隔コミュニケーション用途のスピーカーフォン
会議の規模と環境小・中規模の会議室からオープンスペースまで、オフィスにおけるさまざまな環境で使える。1台で6人程度の中規模会議に利用できる。2台を連結すれば10人規模の会議に利用できる
特徴特徴音声信号処理技術「SoundCap」を搭載。会話を妨げるような周囲の環境音が多いオープンスペースでも、雑音を抑制できる
信号処理適応型エコーキャンセラ、ノイズリダクション、マイク自動追尾、オートゲインコントロール、残響抑圧、SoundCap
マイク単一指向性×3
スピーカーフルレンジ×1
音量瞬間最大91dB(0.5メートル)
外部インタ
フェース
USB 2.0 Full Speed、Bluetooth、NFC(近距離無線通信)、EXT IN/OUT(ステレオミニ)
最大消費電力2.5W
電源USBバスパワー、AC アダプター(別売)
外形寸法幅235×高さ46×奥行き226ミリメートル
重さ0.8キログラム
付属品USBケーブル(3メートル)など
価格(税別)6万円
発表日2019年10月7日
提供開始日2019年11月下旬