ウイングアーク1stの「Dataring(データリング)」は、業務の現場で発生するデータを集約・蓄積して経営判断に役立てられるようにする、データ分析のための基盤ミドルウエア群である。Excelデータなどを収集して変換・加工することによって、ダッシュボードやグラフなどで閲覧できるようにする。クラウドサービスの形態で提供する。

データ分析基盤ソフト「Dataring」の概要
データ分析基盤ソフト「Dataring」の概要
(出所:ウイングアーク1st)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

 これまで業務システムで取得できていなかった間口の広い業務データを集めることで、粒度が細かく鮮度が高い「現場業務で利用する中間データ」を入手できる。

 背景には、組織の階層が多いほど、報告書のリレーによって各指標の連鎖が断ち切られてしまう状況がある。また、上の階層に行くほど情報がサマリー化してしまい、データ分析の解像度を上げられなくなっている。

提供形態

 ソフトウエアは、データプレパレーション(整備)、データベース、データ可視化ダッシュボードの3つの要素で構成する。さらに、SIサービスも提供する。SIサービスでは、データに関する業務課題の整理、加工・変換などのデータ管理や運用のルール化、データパイプラインの構築から分析・可視化までを支援する。

主な機能

Dataringプレパレーション

 従来の業務システムでは収集が難しい中間データ(鮮度が高く、粒度の細かいデータ)を、業務を変えることなく直接収集できるソフトである。最初にデータの抽出方法と加工方法を定義すれば、業務を運用しているだけでExcel、PDF、部門データベースなどのデータを自動で収集できる。

 Dataringプレパレーションは、データ収集・加工の中核機能を提供するツール「フレームワーク」と、オプションの「文書管理ストレージ」で構成する。文書管理ストレージを使うと、電子ファイルを保管して証跡を管理できる。AI-OCR(光学文字読み取り)機能も搭載しており、活字・手書き文字をデータ化して取り込める。

Dataringデータベース

 Dataringプレパレーションで収集した業務データを、分析に適した形で蓄積するデータベース管理システムである。一元的・時系列にデータを蓄積する。今後は、データベースに蓄積したデータに対して、機械学習による予測機能や自動分類機能を実装する予定である。

Dataringビジュアライゼーション

 Dataringデータベースに蓄積したデータを可視化、分析、共有するBI(ビジネスインテリジェンス)ツールである。業務に合わせたテンプレートも提供する。オプションで、業務に応じた可視化・分析テンプレートも提供する。

稼働環境

クラウドサービス

価格・料金(税別)

最小構成(データプレパレーション、データベース、ダッシュボード)で月額31万円から

発表日

2021年10月11日

提供開始日

2021年10月11日