日本マイクロソフトの「Microsoft Teams」は、Web会議機能やチャット機能などを備えたクラウド型のコミュニケーションソフトである。Web会議機能については、ビデオ通話機能をWebアプリケーションの形で提供する。エンドユーザーは、Webブラウザーや専用クライアントソフトを介してWeb会議に参加できる。リモートワーク中の複数の社員や取引先の社員が同一のWeb会議室を共有し、映像と音声でコミュニケーションをとれる。プレゼンテーション資料の画面共有もできる。

Microsoft Teamsの画面例
Microsoft Teamsの画面例
(出所:日本マイクロソフト)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

  • Teams上でOffice文書(Word/Excel/PowerPointなど)の共同編集ができる
  • 上位プランでは、リアルタイム文字起こしや翻訳機能が使える
  • 無料プランは最大60分の制限がある

提供形態

 クラウドサービス。Web会議サーバーソフトはWebアプリケーションの形で動作する。

主な機能

Web会議機能

 Web会議ができる。Webブラウザー(または専用クライアントソフト)からWeb会議のURLにWebアクセスすることで、カメラ映像とマイク/スピーカーによるビデオ通話を複数人同時に実施できる。

バーチャル背景機能

 Web会議の背景に任意の画像を組み込める。背景をぼかすエフェクトも使える。カメラ映像に映った背景を隠ぺいできる。

画面共有機能

 Web会議で共有する画面映像として、カメラ映像だけでなく、PCのデスクトップ映像やプレゼンテーション資料などを表示できる。

テキストチャット機能

 テキストによるチャット機能を備える。テキストチャットによるコミュニケーションやQ&A(問い合わせ)などに利用できる。

スペック

会議の推奨帯域

  • 音声通話は上り58Kバイト/秒、下り58Kバイト/秒
  • ビデオ通話は上り2500Kバイト/秒、下り4000Kバイト/秒
  • 画面共有は上り250Kバイト/秒、下り250Kバイト/秒

使い方

 Web会議の参加者は、開催者が発行したWeb URL(HTTPS)をクリックすることで参加できる。Web会議の開催者は、匿名ユーザー(Teamsへのアカウント認証なし)による参加を許可するかどうかを設定できる。

稼働環境

Webブラウザー

  • Internet Explorer 11
  • Microsoft Edge
  • Microsoft Edge(Chromium)
  • Google Chrome
  • Safari
  • Firefox

専用クライアントソフト

  • PC(Windows 10/11)
  • iOS(AppStoreからダウンロード)
  • Android(Google Playからダウンロード)

価格・料金(税別)

  • 「Microsoft Teams」プラン(会議参加人数は最大100人、会議時間は最大60分)は無料
  • 「Microsoft Teams Essentials」プラン(同最大300人、同最大30時間)は1ユーザーあたり月額430円(年間契約)
  • 「Microsoft 365 Business Basic」プラン(同最大300人、同最大30時間、付加機能としてクラウド録画、文字起こし)は1ユーザーあたり月額540円(年間契約)
  • 「Microsoft 365 Business Standard」プラン(同最大300人、同最大30時間、付加機能としてクラウド録画、文字起こし、ウェビナーの開催)は1ユーザーあたり月額1360円(年間契約)