パナソニックとパナソニックシステムソリューションズジャパンの「顔認証APIサービス」は、Web APIの形で利用できる顔認証機能である。「顔登録・更新」「顔削除」「顔認証」「顔認証(個人IDあり)」の4つのAPIを用意した。APIを呼び出すことで、開発中のアプリケーションに顔認証機能を組み込める。

顔認証APIを組み込んだ「点呼・勤怠」管理用SaaSアプリケーションのタブレット画面イメージ
(出所:パナソニック、パナソニックシステムソリューションズジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 深層学習を利用して顔を認証する。顔の登録時には、顔画像をクラウドに送信し、クラウド側で特徴を抽出し、IDとともに登録する。認証時は、顔画像データを送信し、特徴を抽出し、登録済みの特徴と照らし合わせる。

 機能上位のエンタープライズエディションでは、顔画像を登録する時に顔画像の品質をチェックできる。また、顔の特徴量データに加えて顔画像データも管理するニーズに向けて、顔画像を保存するストレージもクラウドで提供する。

 品質のチェックでは、顔画像の登録時に、角度が悪かったり、向きが不適切だったり、まばたきをしている事実などを検知し、これらの事実をAPIのレスポンスとして返す。これにより、アプリケーション側で顔画像の再登録を促せる。

 エンタープライズエディションではエンジン性能にも注力している。1時間あたりの照合回数が10万回を超えるアプリケーションにも使えるとしている。マスク着用時の顔検出率も高めているとしている。

顔認証APIサービスの概要
用途と機能Web APIの形で利用できる顔認証機能。APIを呼び出すことで、開発中のアプリケーションに顔認証機能を組み込める
APIの種類「顔登録・更新」「顔削除」「顔認証」「顔認証(個人IDあり)」の4つのAPIを用意
顔認証の仕組み深層学習を利用する。顔の登録時に画像をクラウドに送信し、クラウド側で特徴を抽出し、IDとともに登録する。認証時は、顔画像データを送信し、特徴を抽出し、登録済みの特徴と照らし合わせる
主なエディションスタンダードエディションエンタープライズエディション
エディションの違いエンタープライズエディションは、スタンダードエディションと比べて、顔認証エンジン性能を高めたほか、顔画像を登録する時に顔画像の品質をチェックする機能を付けた。エンタープライズエディションでは、顔画像を保存するためのストレージ領域もクラウド上で提供する
顔画像の品質チェック-顔画像の登録時に角度が悪かったり、向きが不適切だったり、まばたきをしている事実などを検知してAPIのレスポンスとして返す。アプリケーション側で顔画像の再登録を促せる
価格(税別)・登録人数1人あたり月額5円
・認証回数1回あたり1円
・登録人数1人あたり月額8円
・認証回数1回あたり1円
発表日2019年11月25日2020年11月4日
提供開始日2019年11月25日2020年11月4日