NTTコミュニケーションズの「COTOHA Chat & FAQ」は、FAQ(よくある質問とその回答)用途のチャットボットサービスである。自然文で質問した内容に対して、適切な回答を提示する。クラウドサービスであり、FAQデータベース(質問と回答のペア)を登録して利用する。

オプションで、取扱説明書などから適切な箇所を抽出して回答できるようにした
オプションで、取扱説明書などから適切な箇所を抽出して回答できるようにした
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

 キーワード文字列に合致したFAQを表示するだけでなく、入力した文章の意味を理解して検索キーワードを抽出して回答を提示できる。さらにオプションで、あらかじめ用意したFAQデータベースだけでなく、取扱説明書やマニュアルから適切な箇所を自動で抽出して回答できる。

提供形態

 キーワード文字列に合致したFAQを表示するだけでなく、入力した文章の意味を理解して検索キーワードを抽出して回答を提示する。

 オプションの「自動回答抽出オプション」を使うと、あらかじめ用意したFAQデータベースだけでなく、取扱説明書やマニュアルから適切な箇所を自動で抽出して回答できる。取扱説明書やマニュアルには載っているもののFAQデータベースには反映していない最新情報などについても回答できるようになる。

 取扱説明書やマニュアルなどから抽出した文章は、COTOHAの要約APIを用いて要約する。類似度算出APIを用い、文章に含まれる単語の意味情報を用いて類似度を算出する。これにより、重複する文章を省いた上で、チャットウィンドウに表示できる。チャットウィンドウには、文章だけでなく、ドキュメントの抽出箇所の画像も表示する。

 今後は、取扱説明書やマニュアルからAIが抽出して回答した内容をFAQデータベースに自動で反映する機能を提供する予定である。

主な機能

FAQチャットボット

 FAQ(よくある質問と、その回答)用途のチャットボットサービス。チャットボットに質問すると、回答を得られる。

使い方

 運営者は、FAQデータベース(質問と回答のペア)をクラウドサービスに登録して利用する。エンドユーザーは、回答を得たい内容について自然文で質問する。

稼働環境

クラウドサービス

価格・料金(税別)

  • COTOHA Chat & FAQ本体は、初期費用が300万円で、利用料はセッション数により変動し、月額19万5000円から
  • 自動回答抽出オプションは、初期費用が60万円で、ドキュメントデータファイル変更1件あたり10万円が別途必要。利用料はドキュメントデータ容量などにより変動し、月額7万8000円から

発表日

2021年10月18日

提供開始日

2021年10月20日