米Kemp Technologiesの「LoadMaster」は、低価格をうたう負荷分散装置(ロードバランサー)である。セッション維持機能(Cookie、SSLセッションID、IPアドレス、RDPログインIDなど)やSSLアクセラレータ、データ圧縮機能など、負荷分散装置に求められる主要な機能を一通り備える。国内ではオリゾンシステムズなどが販売している。

LoadMasterとFlowmonを組み合わせたシステム構成イメージ
LoadMasterとFlowmonを組み合わせたシステム構成イメージ
(出所:オリゾンシステムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

  • 最安価モデルが数十万円という低価格。価格あたりの処理性能の高さ(競合他社の同等価格製品と比較して3~4倍の処理性能)をうたう
  • NetFlow情報の生成・出力機能を搭載している

提供形態

 提供形態は、以下の3通り。

  • ハードウエアアプライアンス
  • VMware仮想アプライアンス
  • SaaS型クラウドサービス

 価格あたりの処理性能の高さをうたう。OSのアルゴリズムとLSIによるアクセラレーションによって、競合他社の同等価格製品と比較して3~4倍の高い処理性能があるとアピールしている。

 可用性を高める機能も持つ。アプリケーションサーバーのヘルスチェックによって、トラフィックを常に安定したサーバーへとリダイレクトする。運用管理機能は、Web管理画面、PowerShell、Web API(REST API)などを介して利用する。

主な機能

負荷分散

 Webアプリケーションサーバーへのリクエストを受けて、背後にある複数台のWebアプリケーションサーバーへとリクエストを振り分けて負荷を分散する。WebクライアントとWebサーバー間のセッションを維持する機能(Cookie、SSLセッションID、IPアドレス、RDPログインIDなどを利用)を備える。

NetFlowの生成・出力機能

 ネットワークトラフィックのフロー情報(送信元/送信先IPアドレスやポート番号、プロトコル番号などの通信統計情報)の1つであるNetFlowを生成して出力できる。NetFlowを収集して可視化/分析できるツールを用いて、負荷分散装置を通過するトラフィックを分析できる。

スペック(最安価モデル「LM-X1」の場合)

  • CPU:Intel ATOM C3558 2.2GHz
  • メモリー:4Gバイト
  • ストレージ:500GバイトHDD×1
  • SSLアクセラレータ:ソフトウエア処理
  • ネットワークポート:1000BASE-T×4
  • 形状:1Uラックマウント
  • レイヤー7処理性能:1Gビット/秒
  • SSL処理能力:1000件/秒
  • レイヤー7最大同時接続数:3万2800

稼働環境

  • ハードウエアアプライアンス
  • VMware仮想アプライアンス
  • SaaS型クラウドサービス

価格・料金(税別)

  • 物理アプライアンスの最安価モデル「LM-X1」が54万円
  • 仮想アプライアンスの最安価モデル「VLM-500」が36万円

いずれも、別途保守サポート契約が必須

発表日

2021年10月22日

提供開始日

2021年10月22日

備考

発表日/提供開始日と価格は、販売代理店の1社であるオリゾンシステムズのもの。