インターコムの「RemoteOperator Helpdesk」は、遠隔地のパソコンをインターネット経由でリモート操作できるクラウドサービスである。遠隔サポートやリモートメンテナンスなど各種の用途に利用できる。オペレーターが顧客のパソコンと画面を共有しながら操作の説明をしたり、顧客に代わってリモートからOSの設定を変更したりできる。

RemoteOperator Helpdeskを使ったリモートサポートのイメージ
(出所:インターコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 リモート操作の対象はWindows、Mac、iOS、Android。一方、オペレーターが操作する端末はWindowsである。

 リモート操作によるサポートを受ける側は、クラウドからエージェントプログラムをダウンロードして起動する必要がある。リモート接続の開始画面にはWebブラウザーでアクセスする。オペレーターへの接続は、オペレーターが伝えた接続番号を画面に入力するか、オペレーターの番号(アイコン)を選択する。

 利用できる機能は、画面の共有、リモート操作、画面ショット/録画、レーザーポインタ/デスクトップペン、ファイル転送、Ctrl+Alt+Delの送信などである。ただし、iOS/Androidの場合は、画面共有の機能しか使えない。

 特徴の1つは、低速回線でも使えること。データ転送処理の工夫によって、画面共有時やリモート操作時にタイムラグが少ないとしている。また、意図せずに通信回線が切断された際には、自動で再接続を試みる。

 セキュリティ機能も備える。オペレーターや管理者、システム管理者などの立場に応じて権限を付与し、権限に応じて機能を制御できる。管理者がオペレーターの接続を強制的に遮断するといった運用もできる。送信元IPアドレスによるアクセス制御もできる。

RemoteOperator Helpdeskの概要
用途と機能遠隔地のパソコンをインターネット経由でリモート操作できるクラウドサービス。遠隔サポートやリモートメンテナンスなど各種の用途に利用できる。オペレーターが顧客のパソコンと画面を共有しながら操作の説明をしたり、顧客に代わってリモートからOSの設定を変更したりできる
リモート操作の対象Windows、Mac、iOS、Android
オペレーター操作端末Windows
使い方リモート操作によるサポートを受ける側は、クラウドからエージェントプログラムをダウンロードして起動する必要がある。リモート接続の開始画面にはWebブラウザーでアクセスする。オペレーターへの接続は、オペレーターが伝えた接続番号を画面に入力するか、オペレーターの番号(アイコン)を選択する
利用できる機能画面の共有、リモート操作、画面ショット/録画、レーザーポインタ/デスクトップペン、ファイル転送、Ctrl+Alt+Delの送信など。iOS/Androidの場合は、画面共有の機能しか使えない
低速回線対応データ転送処理の工夫によって、画面共有時やリモート操作時にタイムラグが少ないとしている。また、意図せずに通信回線が切断された際には、自動で再接続を試みる
セキュリティ機能オペレーターや管理者、システム管理者などの立場に応じて権限を付与し、権限に応じて機能を制御できる。管理者がオペレーターの接続を強制的に遮断するといった運用もできる。送信元IPアドレスによるアクセス制御もできる
価格(税別)基本ライセンスが、同時接続数で1ライセンスあたり月額1万8000円。年額の場合、1~9ライセンス時に1ライセンスあたり20万円、10~49ライセンス時に1ライセンスあたり18万円
発表日2019年10月29日
提供開始日2019年10月29日