NTTテクノクロスの「システム担当者呼び出しパッケージ」は、システム障害を電話で担当者に通知するクラウドサービスである。システム障害発生時や、担当者を呼び出す必要がある場面において、電話を使って確実に担当者に知らせることができる。

システム担当者呼び出しパッケージの概要
(出所:NTTテクノクロス)
[画像のクリックで拡大表示]

 システム担当者呼び出しパッケージは、システム監視製品から呼び出すためのWeb APIを提供している。このWeb APIにパラメーターを渡すことで、パラメーターに応じた自動応答シナリオを用いて担当者に電話をかける。特徴は、複数の担当者に対して一斉に通知するのではなく、優先度に従って順番に電話を発信できることである。

 発信を受け取った担当者は、音声ガイダンスに従って電話機のボタンを押すというアクションによって、アラートの通知を受諾する。担当者がアラートの通知を受け取らなかった場合は、次の担当者に通知が行く。この仕組みによって、担当者同士の間で「誰が対応するか」を確認し合う必要がなくなる。効率的かつ確実に初動対応を促すことができる。

 音声ガイダンスなどのシナリオは、複数のパターンをあらかじめ登録しておける。これを、Web APIのパラメーターによって使い分けられる。システム監視製品からパラメーターを指定して呼び出すことによって、システム障害の種類など、担当者を呼び出す用途に応じてシナリオを使い分けることができる。

システム担当者呼び出しパッケージの概要
用途と機能システム障害を電話で担当者に通知するクラウドサービス。システム障害発生時や、担当者を呼び出す必要がある場面において、電話を使って確実に担当者に知らせることができる
使い方システム監視製品から呼び出すためのWeb APIを提供している。このWeb APIにパラメーターを渡すことで、パラメーターに応じた自動応答シナリオを用いて担当者に電話をかける
特徴の1つ複数の担当者に対して一斉に通知するのではなく、優先度に従って順番に電話を発信できること
アラート通知の流れアラートの発信を電話で受け取った担当者は、音声ガイダンスに従って電話機のボタンを押すというアクションによって、アラートの通知を受諾する。担当者がアラートの通知を受け取らなかった場合は、次の担当者に通知が行く。この仕組みによって、担当者同士の間で「誰が対応するか」を確認し合う必要がなくなる。効率的かつ確実に初動対応を促すことができる
シナリオの登録 音声ガイダンスなどのシナリオは、複数のパターンをあらかじめ登録しておける。これを、Web APIのパラメーターによって使い分けられる。システム監視製品からパラメーターを指定して呼び出すことによって、システム障害の種類など、担当者を呼び出す用途に応じてシナリオを使い分けることができる
価格(税別)基本料金が月額2万5000円から。1カ月あたりの通話上限は50回で、50回以上使う場合は別途相談
発表日2019年11月7日
提供開始日2019年11月7日