ZenmuTechの「ZENMU Virtual Drive Enterprise Edition」(ZEE)は、データを分割して無意味化する“秘密分散方式”を採用した情報漏えい対策サービスである。ファイルを2つに分割し、1片をクライアントPCの内蔵ディスクに、もう1片をクラウドストレージやUSBメモリーなどの外部ストレージに分散保管する。2片が揃わないとデータを読み取れないので、1片が漏えいしても情報は漏えいせずに済む。

データを分割して無意味化する“秘密分散方式”を採用した「ZENMU Virtual Drive Enterprise Edition」(ZEE)の概要
データを分割して無意味化する“秘密分散方式”を採用した「ZENMU Virtual Drive Enterprise Edition」(ZEE)の概要
(出所:ZenmuTech)
[画像のクリックで拡大表示]

特徴

 データを分割して無意味化する“秘密分散方式”を採用している。クライアントPCに保存しているデータが漏えいしても情報は漏えいせずに済む。

提供形態

 Windows 10上に専用のクライアントソフトをインストールして使う。Windows上に作られる仮想ドライブ(ZENMUドライブ)が、秘密分散の対象となる。「Eドライブ」などのドライブレターを付けて運用できる。ファイルをZENMUドライブに保存するだけで、データを分散保存できる。

 オフライン設定をしておけば、クラウドにアクセスできない環境でも、USBメモリーなどの外部ストレージを使って秘密分散できる。オフラインモード時の外部ストレージは、USBメモリー、iPhone(Bluetooth接続)、Windows共有フォルダのいずれかを利用できる。

 1人のユーザーが複数のWindows PCを使っている際、複数のWindows PCでZENMUドライブを共有して同期させる使い方ができる。オフィスのWindows PCで更新したZENMUドライブのファイルを、自宅のWindows PCで参照・編集できる。

 外部のプログラムからZEEのクラウドサービスの機能を利用するためのWeb API(REST API)も用意している。紛失したWindows PCをロックする指定や、設定変更、状態の確認、ログの取得など、各種の管理機能をWeb API経由で利用できる。

仕組み

 ファイルを2つに分割し、1片をクライアントPCの内蔵ディスクに、もう1片をクラウドストレージやUSBメモリーなどの外部ストレージに分散保管する。2片が揃わないとデータを読み取れないので、1片が漏えいしても情報は漏えいせずに済む。

主な機能

情報漏えい対策機能

 データを分割して無意味化する“秘密分散方式”を採用した情報漏えい対策。ファイルを2つに分割し、1片をクライアントPCの内蔵ディスクに、もう1片をクラウドストレージやUSBメモリーなどの外部ストレージに分散保管する。2片が揃わないとデータを読み取れないので、1片が漏えいしても情報は漏えいせずに済む。

使い方

 専用のクライアントソフトをWindows 10にインストールして使う。Windows上の仮想ドライブ(ZENMUドライブ)が、秘密分散の対象となる。「Eドライブ」などのドライブレターを付けて運用できる。ファイルをZENMUドライブに保存するだけで、データを分散保存できる。クラウドサービスにアクセスできる場合に限って、デスクトップ環境やユーザーデータにアクセスできる。

 オフライン設定をしておけば、クラウドにアクセスできない環境でも、USBメモリーなどの外部ストレージを使って秘密分散できる。オフラインモード時の外部ストレージは、USBメモリー、iPhone(Bluetooth接続)、Windows共有フォルダのいずれかを利用できる。

稼働環境

 Windows 10上で専用のクライアントソフトが動作する。管理機能とストレージ機能をクラウド型で提供する。

価格・料金(税別)

月額1800円

発表日

2021年11月11日

提供開始日

2021年12月21日