キヤノンマーケティングジャパンの「ESET Threat Intelligence」(ETI)は、巧妙なサイバー攻撃に対する予防策となる、脅威インテリジェンスサービスである。標的型攻撃の予兆や、個別の攻撃情報の予測などをレポートする。

脅威インテリジェンスサービス「ESET Threat Intelligence」の概要
(出所:キヤノンマーケティングジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 脅威情報は、世界中にある1億台を超える端末から収集したデータを基に分析して導出した。これをもとに、下記の6サービスを提供する。ユーザーは、必要に応じて利用するサービスを選択できる。

 このうち、(1)「ETI Botnet Feed」、(2)「ETI Malicious Files Feed」、(3)「ETI Domain Feed」、(4)「ETI URL Feed」、の4サービスは、それぞれ、ボットネット、悪質な疑いのあるファイル、ドメイン、URLの情報を提供するサービスである。SIEMなどのログ管理システムと連携できるデータとして提供する。

 (5)「ETI Early Warning」は、これからの登場や流行が予測できる個別の攻撃についてレポートする。(6)「ETI Automated Sample Analysis」は、攻撃者が攻撃に使ったマルウエアを解析し、インシデントの調査に役立つ情報をレポートする。

ESET Threat Intelligenceの概要
用途と機能巧妙なサイバー攻撃に対する予防策となる、脅威インテリジェンスサービス。標的型攻撃の予兆や、個別の攻撃情報の予測などをレポートする
脅威情報の導出方法世界中にある1億台を超える端末から収集したデータを基に分析して導出した。これを、6つのサービスで展開する。データは、SIEMなどのログ管理システムと連携できるデータとして提供する
情報の種類と概要ETI Botnet Feedボットネットの情報
ETI Malicious Files Feed悪質な疑いのあるファイルの情報
ETI Domain Feed悪質な疑いのあるドメインの情報
ETI URL Feed悪質な疑いのあるURLの情報
ETI Early Warningこれからの登場や流行が予測できる個別の攻撃に関する情報
ETI Automated Sample Analysis攻撃者が攻撃に使ったマルウエアを解析した、インシデント調査に役立つ情報
価格個別見積もり
発表日2019年11月11日
提供開始日2020年1月下旬