TISの「帳票振り分けAIサービス」は、複数の帳票フォーマットをAIを活用して自動で振り分けるサービスである。受け取った個々の帳票に認識コードを付与することなく、AIが自動で帳票を振り分ける。OCR(光学的文字認識)で帳票を電子化する際の前処理として利用することにより、OCR業務の効率が高まる。

帳票振り分けAIサービスの概要
(出所:TIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 帳票を識別して振り分けるための設定は要らない。帳票のサンプルを1枚アップロードするだけで、帳票のフォーマットをシステムに登録できる。帳票の特徴(表、タイトルなど)を画像処理技術で抽出し、特徴が合致するかどうかを自動で判定する仕組み。ファクス(FAX)画像のようにノイズやゆがみがある場合でも、適切に特徴を抽出するとしている。

 AI-OCRとRPA(ロボットによる業務自動化)を組み合わせた自動化もできる。例えば、FAXサーバーに届いた帳票を、印刷することなく直接PDFファイルとして出力し、これを帳票振り分けAIサービスで振り分け、AI-OCRでテキスト化し、情報システムにデータを入力する、といったRPAのシナリオを実現できる。

 帳票振り分けAIサービスを用意した背景には、OCRを活用する前提として、帳票のフォーマットごとに書類を分類し、フォーマットに応じた読み取り処理をする必要があるという状況がある。従来は、人手によって帳票を振り分けたり、認識コードを機械で読み取って振り分けたりする必要があった。

 想定する主なユーザー層は、金融、保険、不動産、サービス業など、申込書類などの手書き書面を多く取り扱う業界である。AI-OCRエンジン「Tegaki」(Cogent Labs製)やRPAソフトと組み合わせて提供する。

帳票振り分けAIサービスの概要
用途と機能複数の帳票フォーマットをAIを活用して自動で振り分けるサービス。受け取った個々の帳票に認識コードを付与することなく、AIが自動で帳票を振り分ける
効果OCR(光学的文字認識)で帳票を電子化する際の前処理として利用することにより、OCR業務の効率が高まる
使い方帳票のサンプルを1枚アップロードするだけで、帳票のフォーマットをシステムに登録できる
仕組み帳票の特徴(表、タイトルなど)を画像処理技術で抽出し、特徴が合致するかどうかを自動で判定する仕組み。ファクス(FAX)画像のようにノイズや歪みがある場合でも、適切に特徴を抽出する
RPAとの組み合わせAI-OCRとRPAを組み合わせた自動化もできる。例えば、FAXサーバーに届いた帳票を、印刷することなく直接PDFファイルとして出力し、これを帳票振り分けAIサービスで振り分け、AI-OCRでテキスト化し、情報システムにデータを入力する、といったRPAのシナリオを実現できる
導入期間最短で3日間程度
価格(税別)導入費用が10万円から、月額利用料が10万円
発表日2019年11月15日
提供開始日2019年11月15日