2019年8月2日以前の「製品&サービス:IT」記事一覧はこちら

目次

  • プレゼン動画を簡単に作成して知識を共有できるサービス

     米Panoptoの「Panopto」は、マニュアルや資料などを動画の形で作成し、社内で共有できるクラウドサービスである。プレゼンテーション資料を提示しながら音声で解説する動画や、アプリケーションソフトのGUIを操作しながら音声で使い方を解説する動画を作成できる。

  • 社員が報告する健康状態を顔マークで把握できるサービス

     NTTテクノクロスの「ひかりワンチームSP for テレワーク」は、テレワーク向けの健康管理支援サービスである。社員の健康をリモートから管理できる。

  • テレワークでも人の気配を感じられるクラウド型の仮想オフィス

     米Walkabout Collaborativeの「Walkabout Workplace(ウォークアバウトワークプレイス)」は、クラウド上に仮想オフィスを実現できるサービスである。テレワーク時に、あたかもオフィスにいるかのように他の社員の気配を感じながらコミュニケーションを取れる。

  • Teamsを介して固定電話を発着信できる電話サービス

     KDDIの「Cloud Calling for Microsoft Teams」は、Microsoft Teamsを用いて固定電話の発着信ができる、クラウド型の電話サービスである。KDDIの音声サービス基盤とTeamsを連携させて実現した。

  • システムの脆弱性を検出するツール

     米Tenableの「Tenable(テナブル)」は、システムの脆弱性を検出できるソフトウエアである。利用形態に応じて、SaaS型クラウドサービスの形態で利用できる「Tenable.io」や、オンプレミス環境で動作する「Tenable.sc」を用意している。

  • アラート通知メールへの対応を自動化できるクラウドサービス

     アンタスの「OpsAid(オプスエイド)」は、ITシステムが通知するアラート(警告)への対応を自動化するクラウドサービスである。システム管理者が手作業で実施している運用管理作業を代行する。

  • サプライチェーンのデジタルツインを構築するクラウドサービス

     日立ソリューションズの「グローバルSCMシミュレーションサービス」は、クラウド上にサプライチェーンのデジタルツインを構築するサービスである。製造プロセスの改善を支援する。

  • AWSの導入・構築をトータルで支援するSIサービス

     インターネットイニシアティブの「IIJクラウドインテグレーションソリューション for AWS」は、AWSを活用したシステムを構築するSIサービスである。導入計画支援、設計、構築、移行、運用などを統合的に支援する。

  • システム部門に代わってITインフラ業務を丸ごと請け負うサービス

     インターネットイニシアティブの「ストラテジックITアウトソーシング」は、ユーザー企業の情報システム部門に代わって、ITインフラに関わる業務を丸ごと請け負うサービスである。保守運用だけでなく、戦略立案から調達、構築、運用まで、ITインフラ担当が担っていた役割全てを請け負う。

  • Slack上で会議の調整が完結するアプリ、カレンダーと連携

     アビームコンサルティングの「Meeting Planner」は、チャットサービス「Slack」上で会議の調整が完結するアプリケーションである。GoogleやOutlookのカレンダーとSlackを連携させる。日程調整に要する時間を削減できる。

  • 20台の小規模から利用できる中小企業にも向いた定額制DaaS

     ネットワールドの「Networld Frontier DaaS」は、仮想デスクトップをクラウドサービスの形態で提供するDaaSである。ミドルウエアとして米ヴイエムウェアの「VMware Horizon DaaS」を使い、ユーザー専用の環境を構築して提供する。

  • オフライン環境でもクラウドCRMを操作できるモバイルアプリ

     スロバキアRESCOの「RESCO Mobile」は、ネットワークに接続していないオフライン環境でも、Salesforce.comやDynamics 365などのクラウド型CRMサービスを操作できるモバイルアプリケーションである。

  • Teamsのファイルを社外ユーザーとやり取りできるアドオン

     日本ビジネスシステムズの「セキュアファイル転送アプリ metis fiebie」は、Microsoft Teams上に保存したファイルを、Teamsに登録していない社外ユーザーとの間で送受信できるようにするアプリケーションである。

  • クラウドで中小企業のテレワーク環境を構築するサービス

     アルプスシステムインテグレーション(ALSI)の「クラウド構築支援サービス」は、パブリッククラウドを用いてテレワーク環境を構築するSIサービスである。IT部門のリソース不足でテレワークの導入が難しい中小企業などに向けて提供する。

  • 電話をかけるだけで追加認証ができるクラウド型の認証サービス

     三菱電機インフォメーションシステムズの「認証サービスTELEO(テレオ)」は、登録済みの電話番号から認証用電話番号に電話を発信するだけで本人かどうかを認証できる、クラウド型の認証サービスである。

  • GitHubと連携して動作するコードレビュー自動化サービス

     スリークの「Sider」は、GitHubと連携して動作するコードレビュー(査読)自動化サービスである。GitHubの「Pull Request」のタイミング、すなわち開発者がソースコードに加えた変更内容を他の開発者に通知したタイミングで動作する。

  • SAP ERPのUIをアドオン開発なしで変更できるソフト

     米Synactiveの「Liquid UI」は、ERP(統合基幹業務システム)ソフト「SAP ERP」のユーザーインタフェースを、アドオン開発なしで変更できるソフトである。国内では伊藤忠テクノソリューションズなどが販売している。

  • 既存のネットワーク環境でP2P型のVPNが使えるサービス

     大日本印刷の「DNPセキュア通信サービス」は、最短5日間でテレワーク環境を構築できるサービスである。既存のネットワーク環境の設定を変更することなく、端末に専用アプリケーションをインストールするだけで、オフィスにVPNで接続できる。

  • 量子アニーリングマシンの業務適用を支援するSIサービス

     NECの「量子コンピューティング適用サービス」は、量子アニーニングマシンの技術検証や教育を提供するSIサービスである。技術の習得から、ビジネス上の課題を解決できるかどうかの実証まで、トータルに支援する。

  • 業務マニュアルや社内ドキュメントを自然文検索できるクラウドサービス

     NTTコミュニケーションズの「COTOHA Search Assist」は、自然文を使って社内の情報を検索できるクラウドサービスである。文章の内容を理解できるAIを利用している。キーワードで検索するタイプの製品と比べ、より的確な回答を提示できるとしている。